最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

2005年9月10日 (土)

愛・地球博 13

 13回目は、行き当たりばったりでなく、ITを活用することにした。
出発前に、万博のホームページで本日のイベントを調査したのである。
情報に基づいて、緻密な計算をして、行動計画が完成した。
この計画書を、大切にポケットにねじこみ、愛車は会場に向かう。
会場に近づくにつれ、激しい渋滞となる。
なんとかいつもの駐車場に置き、リニモのホームに立つ。
 路線途中の駅のため、なかなか乗れない。始発駅ですでに満員なのである。
いつまでも、駅のホームに居るわけにはいかない。
深夜、千鳥足での駅のホームは、サラリーマンによく似合う。
この時間、万博に向かうおっちゃんには、あまり似合っていない。
リニモはホームに滑り込んで、ドアが開く。
乗ろうとすると、「もう乗れまへんでぇ〜」と関西系のオバちゃんが叫ぶ。
そうは、言ってもココで一日を過ごすわけにはいかない。
「そんなん言わんと、乗っけてぇなぁ〜」とお願いする。
こんなとき、一人は好都合である。なんとかドアに貼り付いて乗ることができた。
恋人同士だったら、どうすんだろ(^-^)ニコッ!一人ずつ、別々で行くのだろうか。

 北ゲートは、驚くべき人の数で、溢れかえっていた。
9月とは言え、カンカン照りの中を、整然と並んで待つ。
意外と、みんな穏やかで、行儀がよい。なんとなく心が和む。
1時間ほどで、やっとゲートを通過することができた。

 計画書を拡げ、最初のイエメンに脇見もふらず向かう。
イエメンでは、イエメンの民族音楽と舞踊が鑑賞できた。IMG_4702
この黒の服のおじさんは、息継ぎ無く笛を吹き続けます。
このおじさんのほっぺたは、風船のように膨らませて演奏していた。
ちょうどほっぺたが、イギリスのバグパイプの袋の代わりなのだなと思った。
イエメンの人々は、胸に刀をぶら下げている。どうやらアクセサリのようだ。
その刀を振り回して踊る。少しも怖くありません(⌒ー⌒)

 イエメンを後にして、「あいち・おまつり広場」IMG_4704
本日は、岡崎市の日である。吹奏楽と和太鼓を鑑賞することができた。
このあと、あのジャズの「日野皓正」の演奏があるとのことである。
これは是非聴かなければならない。
ところが、説明をよく聞くと、どうやら整理券制度をとっているらしい。
しかも、「すべて配布済」とのことである。IMG_4713
折角最前列を確保したのに、残念でならない。
あきらめて、アフリカに向かう。

 どこも、人で溢れている。アクエリアスを買うのにも行列である。
なんとかアフリカのイベント広場に、たどり着いた。
この頃になると、すでに精巧に完成された計画書は、単なる紙切れに過ぎない。
計画書のとおりに行動することなど、まったく出来なくなっている。
計画を大幅に変更し、本日はココで一日のんびりすごそう(⌒ー⌒)

アンゴラの演奏が始まる。IMG_4715
手作りの楽器のようである。
左の2名の楽器は、竹である。
中央の弓のような楽器も、手作りであり、今にも壊れそうである。
すっごい!このような原始的な楽器で、かくも美しい音楽が演奏できるのか。IMG_4716

南アフリカは、ドラムスと、若者の歌と舞踊である。
ドラムスは、民族楽器ではなく、普通のジャズで使用しているものである。
さすがに若者であり、迫力がある。しかし、年齢はどうみても判別できないなぁ〜・・・IMG_4737
公演は二部に分かれており、二つ目は近代的な都市の若者のダンスであった。
「アフリカと言うと砂漠・赤道とか、暑いイメージだが、南アフリカはライオンもいるがペンギンもいる。
是非お出かけください」と説明があるが、遠すぎて無理ぃ〜\(^o^)/

続いてチャドである。IMG_4755
楽器は手作りのようである。
ビブラホンのような楽器のの共鳴管はどうやら「瓢箪」のようなもので出来ているようである。
舞踊の衣装は、原始的ないかにも「アフリカ」的な雰囲気である。
普段こういう格好ではないと思うが、伝統を大切にしているようである。IMG_4716

IMG_4764

夜になると、南アフリカのファッションショーが盛大に行われた。
ファッションショーは、テレビなどでは観たことがあるが、生で観るのは始めてのことである。
しかし、えっと、うーーん つまんな〜い♪
途中で帰りました。いやぁ〜、今日も楽しめました(⌒ー⌒)

この記事は、9月3日のことであります。
この日開幕依頼の新記録!25万人の入場者だったそうです。なるほど、納得!

2005年9月 4日 (日)

愛・地球博

今頃になって、8月28日のことである。二日続けての万博である。

前日、アフリカのイベントスペースで「リハーサル」であることが叫ばれていたことは、既に述べたとおりである。家に帰っても、これが耳に残って落ち着かない。是非行かなければならない。偶然にも、翌日曜日!予定していたことが、サラサラと進行して時間ができた。いや、むしろ作ったと言った方が正しいかもしれない。

前日に続き、たいへんな混雑である。パビリオンに入館することが目的ではないので、「へっちゃらさっ」と余裕である。途中、大道芸を見ながら、アフリカに向かう。ビザもパスポートも不要。時差ぼけも無い(^-^)ニコッ!

IMG_4539
南アフリカのイベントは、K-1のベルちゃんこと、ベルナルドがクイズとトークショーのようなことをしていた。これをサラリと見るが、目は最前列の空席に集中している。
やがて、南アフリカが終わると、次はナイジェリアである。これもアフリカ民族音楽である。素晴らしい\(^o^)/IMG_4552

パーカッションだけで踊るのは解るが、歌もあり、ハーモニーもある。これが凄い!ノリノリになっているところで、続いて「ギニア」の音楽と舞踊が始まる。時々客席の方を振り返ると、昨日リハーサルしていた本日目的のグループが熱心且つ、ノリノリで鑑賞していた。

IMG_4588
パワフルな、演奏とダンスが続く。デジタルビディオ撮影機が無いのが残念でならなかった。普通のコンサートでは、撮影・録音禁止なのであるが、ここでは、まったく自由のようである。悔しいぃ〜〜っ!!

いよいよ、前日「リハーサル」をしていたグループの登場である。どうやらIMG_4647神戸で活躍しているグループのようだ。
リハーサルと異なるのは、衣装である。演奏はやはり、ド迫力の中で、どこか、繊細さがあり美しい。

どうやら、名古屋のグループと親交があるらしく、次のステージでは合同での演奏を楽しませてくれた。

IMG_4671

素晴らしい名古屋のグループの演奏である。
このグループが演奏しているとき、神戸のグループは、なんと僕の前に座って鑑賞していたのである。彼らは、名古屋のグループの演奏にあわせ、歌IMG_4690ったり、手拍子、掛け声などで、ものすごい臨場感でありました。なんだか自分が一緒に参加しているような不思議な感覚であった。

IMG_4691

2005年8月28日 (日)

万博ミニ・コンサート

 会場は、18万人を越えているらしい。大変な混雑である。いたるところで長蛇の列ができている。「何の列かな」と覗くだけで、「おいっ!並んでんだぞぉ〜」と注意される。割り込みを警戒しているのである。暑さと混雑で冷静さを失っているようだ。ペットボトルの販売機や販売所でさえ、列ができている。ファーストフード、売店など身動きできないほど混雑している。

 11回目の万博は、コンサート散策である。混雑も「賑わい」として受け入れることができる。
事前調査もないので、炎天下を歩いて、偶然見つけるしかない。調べておくべきであった。せっかくのITが活用できていないなぁ〜(-_-;)

IMG_4442  偶然みつけた、最初のイベントは「女声コーラス」である。蒲郡市の市民グループのようだ。
日影の最前列で、聴くことができた。

 
次に、見つけたのはアフリカの民族音楽であった。IMG_4447 日本人のグループであるが、真似事ではなく、まさにアフリカの大地に溶け込んだパフォーマンスである。音源も無いのにどうやって音取りをしているのだろうか。やはり「絶対音感」を持っているのであろうか。



IMG_4485 どうやら、これはリハーサルらしい。時々「これはリハーサルです」と舞台で叫んでいる。会場の盛り上がりはとても「リハーサル」の雰囲気ではない。だから舞台上では面食らって、盛んに「リハーサルです」とことわっているらしい。素晴らしい演奏であった。

 ポーランドに向かう。ピアノコンサートに並ばなくてはならない。40分ほど前に並んだ。まだ先頭に近いところである。「ここなら、最前列の確保が可能であろう」と期待する♪
ドキドキしながら、開場に入る。「まだある!最前列の中央部\(^o^)/」ゲット!!
IMG_4500  本日のプレーヤーは木田左和子さんである。ポーランドに関わりのある方のようだ。
 ポロネーズ第1番、マズルカ作品7-1、マズルカ作品17-4、幻想曲へ短調、バラード第1番が次々と演奏された。やはり生演奏は素晴らしい♪MIDI作りにに参考になる。
すべての演奏が終わって、拍手をしてたら、おまけを演奏してくれた。ノクターン第20番である。嬉しかったぁ〜\(^o^)/
 会場をあとにして、通路に出ると、なんとそこに木田さんがいた。思わず手を出すと、握手してくれました\(^o^)/おまけのおまけでご機嫌で、ポーランドをあとにしました。

 えっ!「今日は何を食ったか?」ですって?「くすくす」ですアフリカの普通の料理のようです。味ですか?う〜〜む・・・・・・・IMG_4492

2005年7月31日 (日)

愛・地球博 7

IMG_4249 10回目は、瀬戸会場からの入場です。

意外とすいていました。
写真は入り口ですが、ほとんど人がいません。
こりゃ楽チンです\(^o^)/

IMG_4253 入り口を入るとすぐ、巨大なお皿があります。

瀬戸市は、セトモノと呼ばれるほど、陶磁器の盛んなところです。それにしてもでかいなぁ〜♪

IMG_4255 暑さを緩和させるため、
いたるところから、ミストが出ます。とても涼しいですが、カメラが濡れます(^-^)ニコッ!

IMG_4258 日本館に入りました。

ここで行われている「一粒の種」はとても感動します。日本の良さが再確認されます。並んで待つことなく入れました\(^o^)/

このあと、ほとんど並ぶことなく、愛知館に入れました。この万博の開催で、問題になった「海上の森」などを中心に豊かな自然が映像で見られました。ソプラノ歌手が映画にあわせて独唱します。迫力のある透き通った声が画面を引き立てていました。

 このあと、瀬戸会場を後にして、コンサート系を探しに長久手会場に移動しました。
たぶん、次回ご報告させていただくことになると思います(⌒ー⌒)

2005年7月 2日 (土)

ショパンのライブ

IMG_3978

今日は、万博9回目
グローバルコモン4、ヨーロッパです♪

ミッフィーがお迎えしてくれます(^-^)ニコッ!


IMG_3979 ルーマニアです
ここでは、コンサートが行われています。
先頭に近いところで並んで待っていました。
中から、生演奏が激しく漏れ聴こえてきます。すごく得した気がします。
ワンステージは、外から聴きました。ブラスの演奏です。





IMG_3995  いよいよ、順番が来て中に入ると、美しいお嬢様たちが、演奏の準備をしていました。このステージは「弦楽四重奏」です。

 凄いです、4人が一つの楽器のように、呼吸ぴったり♪いい曲を聴かせていただきました。運がいいなぁ〜(⌒ー⌒)

IMG_4000

これは何処だっけ?忘れました。

陽気な小物がたくさん売られていました。

IMG_4003

陽気なお嬢さんです(⌒ー⌒)

カメラを向けたら、こんなサービスをしてくれました♪

IMG_4005

これも陽気です。



IMG_4026  本日のメイン♪ポーランド
ポーランドと言えばショパン
待ちました。ほぼ先頭で待ちました。
40分ほど待ちました。もちろん平気。

 坂本千穂さんです。すごい人です。
ポーランドショパン音楽院最優秀修了♪
本場ポーランドで活躍している方です。
3つのマズルカ作品50
ノクターン20番
華麗なる大円舞曲。それにアンコール曲を1曲 全6曲が演奏されました。素晴らしい\(^o^)/ここは、今後要チェック!( ..)φメモメモ

IMG_4035

イギリスの覗き穴を、カメラで覗いてみました。取れますね\(◎o◎)/!




IMG_4036

 夕食はコーカサス(⌒ー⌒)
これは、ビーフケバブとコーカサスシチューです。うまいっ!
ビーフケバブは始めての体験ですが、とても美味しかった。
会計のお嬢さん片言の日本語で、
「コーカサスシチュイッコぉ〜」ですって♪

IMG_4040
 本日の最後は、嘉門達男のコンサート。
いやぁ〜 笑いました(^O^)

今回も、コンサートが中心でした。
いやぁ〜ほんと楽しいです\(^o^)/

2005年6月25日 (土)

愛・地球博 6

IMG_3939 8回目です。
 このアテンダントさんの案内で、いろんな大道芸を見て歩きました。大道芸と言うよりショーとか、ミニコンサートと言っても過言ではない。あちこちでやっています。一日中楽しめます。

 お名前は?「アンドロイドさくら」です。
これ、ほんと人間のように動きます。声はパソコンです(^-^)ニコッ!

IMG_3874

  これは、シンガポール。館内はスコールの体験がメイン。スコールを体験して出ようとしたら、階段で突然歌い始めました。どうやら本番の練習のようです。人が歩いていようが、かまわず踊っています。見てるとやはりとても楽しくなります。本番は既に紹介すみです。ド派手な衣装で踊りまくる楽しいショーになります(⌒ー⌒)

IMG_3887

 オーストラリアの若者です。マッチョです。
サーカス大学を卒業したばかりだそうです。
すごいパワーです。IMG_3889

  こんな激しいことをしたあと、休憩もせず すぐにカントリーを歌います。もちろん息切れ無しです♪




 

 IMG_3894

 これはモロッコの民族舞踊です。
めちゃ楽しそうに歌って踊ります。ここで使用している打楽器は、館内で販売されています。青のおじさんのオンボロギターはとてもよい音がしてました。

IMG_3899

 これもモロッコの続きです。

とても単調な音楽で、心地よいです。
どこぞにイスラーム文化が感じられます。

IMG_3909

 アイルランドとイギリスの中間にある、小さな島国の人のパフォーマンスです。

 英語ですから、よくわかんなかったけど、とても面白かったです。


 
 
  
 

IMG_3926

 
 カナダのフォークソングのおじちゃん、おばちゃん。60年代、70年代を彷彿とさせるような、フォークソングが次々と演奏されます。

まだまだ他にもたくさん、こうしたショーが観られます。一日中楽しめます。

 

 
 IMG_3902 

 これはショーではなく、ヨルダンの「死海体験」です。2000円で体験できます。この写真は僕ではありません。キャーキャー叫んで体験している一般の人です。

ここを出たら、本場ブルガリアヨーグルトを体験しましょう
                      (⌒ー⌒)

2005年6月15日 (水)

フランスピザバゲット

 先週の金曜日のことです。仕事の帰りにちょいと一杯!と愛・地球博に立ち寄った。
7回目である。いつもと異なり、入場時の荷物点検が厳しかった。バッグの小さな小物入れのファスナーまで「開けろ!」 極めて不愉快であった。いったい何を見つけようというんだ!
不愉快であったが、気をとりなおしグローバルコモン3へ向かう。

 フランス・スペイン・イタリアおよびその周辺を見学できた。
そこまで来てなぜドイツに行かなかったのか、と疑問に思うはずだ。説明しなければなるまい。
 以前、瀬戸会場に行こうと、ゴンドラに乗った。もちろん一人である。一人の場合、ゴンドラに空席があると、「お一人の方、みえませんか」と美しいお嬢様が叫ぶ。まだ列の途中なのに、少しうつむき加減にそっと、「は~い」と手をあげる。列の途中からチョコチョコと前にでてそのまま乗ることができる。なんとなく並んでいる人に申し訳がない。ここまではよかった。乗ってみると。アベックと、おばちゃんのグループ。この中にたった一人の「紳士」が割り込むのである。一瞬ではあるが「ん?なんだこのおっちゃん?」 異様な雰囲気になる。今更「ごめんなさい降ります」とも言えない。できるだけ小さくなって窓の外を見るしかない。悪いことに、ゴンドラが民家の上空を通過するとき、一瞬にして窓が曇る。こうなると窓の外を見るのも不自然である。手持ち無沙汰でオロオロするばかりである。
この悪夢がよみがえりドイツ館に並ぶのを、ためらったのである。そうですドイツ館は乗り物に乗るのである。スーツにネクタイの紳士が一人ですよ!焼き鳥屋なら絶妙にサマになるが、遊園地の乗り物ではサマにならない。こうした理由でドイツ館はお預けとしたのである。(う~む・・・説明が長いなぁ~)

 以前から必ず制覇しなければならないお目当ての食品がここにある。そうですフランスピザバゲットである。以前にも紹介しましたがこれです(^-^)ニコッ!IMG_3547

この写真の手前の、サラミのやつを食べた。
一個1000円もするが、これがうまいっ!
たっぷりのチーズと塩コショウの絶妙なハーモニー。ちょいとデカイがあまりにも美味しいのでペロリと完食できた。うめぇ~~♪

2005年5月15日 (日)

愛・地球博 4

IMG_3589 

久しぶりに万博に行った。
一週間ぶり5度目である。本日の目標は「大地の塔」である。これまでと異なり、会場全域にわたり、たいへんな人出であった。
 コンビニでさえ、行列ができている。食べ物を買うのも並ばなければならない状況であった。
しかし、ぼんやり並んでいるのも悪くはないとも思った。周囲ではいろんなパフォーマンスを見られる。並んでいる人々の会話を聞いてると、いろんな情報が得られるのも、参考になってよい。

IMG_3552  疲れるらしく、こんな光景もあちこちで見られる。ま、これも楽しみ方の一つであろう。

 いえ、決してお亡くなりになったわけではありません。春の日差しを満喫されておられるのです。この気持、よーく理解できます。たいへん気持ちの良い五月の一日でした。

IMG_3544

 これは、クロアチア館で並んでいるところの近くでナイフを投げていました。中央のお兄さんは、観客です(^-^)ニコッ!
 おもしろい片言の日本語で、楽しませてくれました。

IMG_3593

 冒頭の写真と同じです。偶然シンガポール館を通ったときに見ることができました。

たいへん明るいショーでした。楽しかったなぁ~(⌒ー⌒)

IMG_3600

これは、ニュージーランドに展示されている、世界最大の翡翠だそうです。緑がとてもキレイでした。
 指輪にするには、重すぎです♪

IMG_3602

 マレーシアのパンです。ものすごいパフォーマンスで焼いています。頭の上でグルグル回します。ロティーチャイナと呼ばれるパンのようなものです。見てると楽しいです。

 ん?食べたのか?ですって?
いえ、僕がお昼に食べたのは、タイでグリーンカレーを食べました。写真はありません。おいしかったなぁ~(⌒ー⌒)

IMG_3547

これは、どこでしたっけ?忘れました。

とても美味しそうでした。
でも、試してみませんでした。

IMG_3609

 これが、本日の目標の、「大地の塔」です。
世界一でっかい、万華鏡です。覗くのではなく、万華鏡の中に入ってしまうのです。不思議な世界を体験できます。

外に出ると、万華鏡の売店があります。いろいろ手にとって試しに覗いてみることができます。

IMG_3620

 右手にカメラ、左手に万華鏡。試しに撮ってみました。やっぱ無理でした♪ピンボケです。

IMG_3624

 これ、とてもキレイでした。
横の棒をクルクルと回すと、幻想の世界が拡がります。2800円だったと思う。欲しかったけど、買いませんでした(^-^)ニコッ!

 人は多いが、いろんなショーが観られて満足でした。ゴンドラに乗って、瀬戸会場まで行きました。

IMG_3569

 瀬戸会場では、健康食品について、トークショーがありました。増田明美さんが一生懸命メモしていました。

 次回は日本館に行ってみよう(⌒ー⌒)

2005年5月 8日 (日)

愛・地球博 3

IMG_3481  昨日からの雨もあがり、五月晴れの万博散策となった。新緑の風がすがすがしくとても気持ちのよい日であった。

 今日の予定は、日立館の制覇である。あとはのんびりキョロキョロと会場を散策するだけである。

IMG_3466

 アメリカ館に入った。ここはフランクリンの物語を映像で楽しく紹介していた。迫力のあるシーンが続きます。

 途中、あっと驚く・・・おっと、あまり詳しくは説明しないほうがいいですね♪

 これはアメリカ館に、展示してある自動車です。とても美しくカッコいいです。

IMG_3473

これも、アメリカ館の展示?の自動車です。やがて、こんなのが、街のあちこちを走るのでしょうか。見れば見るほど欲しくなる乗り物です♪

IMG_3452   

 アルゼンチン(だったと思う)を出たら、驚くべき背の高い女性が歩いていました。

 う~む・・・ でかいっ!

IMG_3455

ドミニカのマンゴーです。

 前回来たときに、チェックしておいたものです。マンゴアイスにはクリームがにマンゴーが入っているのであるが、これは正真正銘正味マンゴーの冷凍である。冷凍とは言っても、カチンカチンではなく、まるでアイスクリームのようにトローりとして、口の中いっぱいに美味しさが広がります。うめぇ~~\(^o^)/

IMG_3512

 エジプトです。エジプト文明の品々がたくさん展示されています。出口のところで、こうしたグッズが販売されています。多くの人々で混雑していました。

IMG_3526

 帰ろうと北ゲートに向かったところ、三菱館にはすぐ入れそうでした。急いで帰ることもないので、入って見ました。

 ここでは、このロボットが、身振り手振りで館内の説明を、してくれます。

 月の無い地球を、大迫力の映像で見られます。

 キューバ館では、参加型のイベント、「サルサ」の授業に参加しました。3つのステップと回転をマスターしてきました。とても楽しかった。自分が踊っているので、写真はありません(⌒ー⌒)
                                 いやぁ~サルサは楽しいなぁ~♪

 次回はヨーロッパを散歩してみよう!

2005年4月15日 (金)

ちょーラッキー♪

久しぶりに夜の万博(^^)

今夜は人気パビリオンのトヨタグループ館を見学しよう。IMG_2786

 列の最後に並んだ。待ち時間1時間半とのこと。

 特に他には予定がないので、待つことにする。

 すると、並ぶとすぐゾロゾロ前に進みだした。どんどん進む。47

 やがて、第一関門に到着。ここもそのままなんなくクリア。そこには7時10分の開演と書いてある。待ち時間はなんと0分であった。超ラッキーである\(^o^)/

 座席に座ると、まもなく開演。素晴らしい!やはり評判のとおりである。詳しくはココで説明しない。少なくとも僕は大満足である。感動さえ覚えた!!

 出てすぐのところに、三井・東芝館がある。予定よりずいぶん早いので列の最後尾に着く。なんと運のよいことか。最終回の後から9人目である。これ以降の人々は残念ながら本日の入場は諦めなければならない。ここは宇宙の映画である。なんと自分が出演しているではないか。しかも、あの加山雄三と競演なのである。なんだか薄気味が悪いが、これも企画であるので我慢して見る。迫力のある映像を楽しむことができた(⌒ー⌒)

 お腹がすいたので何か食べよう♪本日はその広場にある「和・中・韓」のファーストフード店で、すり身揚げ1本500円(税込み)である。お腹がすいてたせいもあり、おいしくいただくことができた\(^o^)/

次は、うーーむ・・・・ 何処にしようかな♪

より以前の記事一覧