最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

2015年10月 4日 (日)

前後駅から、大府、刈谷まで

Img_1984

秋晴れsun
碧海幡豆ウォーキング協会の月例会に参加した。

ここのところ、ウォーキングの記事は、控えておりました。
ん? なんですと??
「ウォーキングの記事は」ではないでしょ! ですって??
「控えて」ですって??

はいはい そうです。
おっしゃるとおり、 すべての記事を怠けておりました。

Img_1968

前後駅をスタートに、みどり公園を素通りし、二ツ池公園。
あれれ! 噴水が地味!!
てか、ほんとは、ぶわーっと水が上がっていたのですが、ミスでした。
静かになったときに シャッター!

大府市に入り、桃山公園を素通り、大蔵公園も素通り。
「あいち健康の森」の横にある「あぐりタウン元気の森」でお昼ごはんhappy01riceball

Img_1983

生演奏の音楽を聴きながら、お食事です。

ここで、ショートコースのゴールです。
家を出るとき「今日はショートで帰ろう」と誓ってきたのです。
休憩前の主催者の説明を聞き洩らしたようです。
「ショートコースはここでゴールですから、こちらに集合してください」
これを、聞き洩らしたため「さあ、出発ですよぉ~」
「えっ! ココで帰ろうと思ったのにぃ~・・・」
「ダメっ! ゴールまで頑張ってっ!!」 ですって。

背中のゼンマイを巻いてもらって、いざ 出発!!

Img_1987

Img_1989

ゴールの刈谷駅まで、歩いてしまったのであります。
その距離。21キロメートルでした (^_^)





2015年3月24日 (火)

五条川お花見ウォーク

Img_0898

種類によっては、このように美しく咲いておりました。
コレはたぶん「河津さくら」かもしれません。

日曜日のことである。
「日本さくら名所百選」の五条川のお花見(お蕾見)ウォーキングに参加しました。
名鉄岩倉駅から名鉄木津用水駅までの13キロを歩くコースです。
13キロの殆どが桜の並木です。
満開ですと、もう頭の中まですっかり満開になってしまうほど豪華なのであります。

Img_0849
しかし、朝から初夏の陽気なのに、このザマでございました。
蕾みても、頭の中 春爛漫になんなーーーーーーいっ!

ただただひたすらに枯れ木の中13キロを歩きました。
「花さ爺さ~んcherryblossom」 呼べど空しく来てくれませんでした。

Img_0855

土手を観ると、菜の花、スイセン、ハナニラなど、たくさんの花が咲いていました。
上を見上げるとやや空しさを感じるが、
ひたすら下を見ながら歩けば、とても楽しいお花見ウォーキングと言えなくもない。

Img_0871

Img_0889
ハクモクレンも満開\(^o^)/
青空も満開~い\(^o^)/

これは、やっぱお花見ウォーキングと言っても大丈夫ですcherryblossomhappy01









2015年3月17日 (火)

吉良の海岸を歩く

Img_0828

吉良と言えば、吉良仁吉、吉良上野介、尾崎士朗の名が浮かぶはずである。

しかし、見よこの景色。 なんとも美しいではありませんか。
もうすぐ、潮干狩りの人々で埋め尽くされる海岸である。
名付けて「ワイキキビーチ」

愛知県ウォーキング協会の3月例会に参加した。

名鉄吉良吉田駅から海岸線に沿って歩く。
ポカポカ春の陽気である。
「春の海のたりのたりかな」
穏やかな海である。
潮風を浴びながらの15kmであった。

Img_0813




2015年3月 1日 (日)

雨の観梅ウォーク

二週連続「雨の観梅ウォーク」である。

ココ知多半島の佐布里池には、毎年この季節訪れている。

碧海幡豆ウォーキング協会の特徴は、ハイスピードと長距離である。
佐布里池の梅林に入っても、猛スピードで、進む。
雨は本降りである。
カメラを出す暇も与えられない。
目の前でカメラマンが、ミス梅モデルの写真をバチバチ撮っている。
もちろん、最も美しく咲いている梅林である。

チラチラと観るだけで、ガンガン前に進む。

Img_0697
雨が本降りで人でも少ない。
軒先を借り、お昼ごはんをいただく。
その軒下から、涙を流しながら目の届く範囲だけを撮る。
Img_0698_2

ほら、ココでもキレイでしょ。
人も花も、満開より、咲き始めが美しい。
写真は撮れませんでしたが、写真が目的ではなく、歩くことが目的ですからそれでよい。
おまけに、ちゃんと、絶景ポイントの梅林をチラ見ではあるが観梅できました(^o^)
モデルの御嬢さんもね

Img_0699_2
カメラを向けても、人っ子一人いません。
Img_0700
雨の中でのバンド演奏
いやはやお疲れ様です。

Dsc_0119
帰り道の遊歩道もこんなにキレイに咲いてました。

JR大府駅から佐布里池→名鉄寺本駅までの17キロ。
NHKさんの天気予報ズバリ!!
お昼前から本降り。
汗と雨とでビッショビショでんがなぁ~\(^o^)/

2015年2月26日 (木)

岐阜観梅ウォーク

Img_0666

これは、22日のことである。

梅が咲いた。
岐阜市にある岐阜梅林公園である。
ちょうどこの日、待望の春一番、東風が吹いた。
いよいよ春である。

梅林公園で一句読み、岐阜公園に向かう。
Img_0684
織田さんちの居城、岐阜城である。
岐阜城を見ながら昼食休憩。
Img_0688
この門の向こう側が、信長さんのお住まいだそうです。
このお住まいから、金華山のてっぺんまで通勤なされたようです。
昔の人々は、エライっ!!

Img_0689
長良川の河川敷のようなところが河原町であります。
古い街並みがまだ残っています。
楽市楽座の賑わいを思い浮かべながら歩きます。

Img_0693

長良川河川敷尚子ロード(高橋尚子)から岐阜城を仰ぐが、雲に覆われ見えない。
雨の中をひたすら、柳ヶ瀬に向かって歩く。
柳ヶ瀬はアーケードに覆われて濡れることがない。
「あー あー あ 柳ヶ瀬のぉ~ 雨ぇ~に濡れて行くぅ~♪」

2014年7月 8日 (火)

桶狭間 歴史の地

Dsc_00731
碧海幡豆ウォーキング協会の7月例会「桶狭間の歴史の地を歩く」に参加した。

なんだかたいへん恐ろしい台風が近づいているようで、少し不安であります。

じめじめした暑い日が続いておりますが、それにもへこたれず、頑張って歩いております。

この日のコースは、名鉄鳴海駅をスタートして鳴海城址→善照寺砦→瑞泉寺→中島砦→大高緑地公園→丸根砦→鷲津砦
→大高駅→大高城址→戦評の松→長福寺→桶狭間古戦場公園→本陣跡→高徳院
→桶狭間古戦場伝承地→名鉄中京競馬場駅までの19kmである。

「砦」は、概ね高い所に存在する。 低い所では戦には不向きと思われる。
つまり、砦を目指すには、必ず急な坂道を登らなければならないのである。
このクソ暑い中で、砦巡りは、さながら地獄でもある。

鷲津砦あたりでは、もうちょっとで、心臓が爆発するところであった。
しかし、爆発することなく、無事に歩きとおすことができたのである。 エッヘン!!

冒頭の写真は、長福寺のお庭である。
お庭とはいえ、戦の跡、この池で血刀を洗浄したと伝えられている。
この池の隣には、首実検をしたと伝えられる場所がある。
今川さんの首を置いて、「う~む、確かにこりゃ今川さんの首じゃ! めでたいのぉ~」
などと言ってたのであろうか。

このコースは、地味ながらも、歴史を思い浮かべながら歩くと、とてもノスタルジックな思いを楽しめます。

近頃描いた海の水彩画です

500

2014年6月22日 (日)

恋の三社巡り

梅雨らしい雨である。

雨にも負けず、行ってきましたhappy01

「なごや金鯱歩こう会6月例会
      恋の三社巡り」に参加しました。

名城公園をスタートし、市政記念館→建中寺→高牟神社→城山八幡宮→清明神社→ナゴヤドームでゴール。
その距離は14kmである。

スタートしてから、建中寺くらいまでは、ソボソボと雨中歩行となりましたが、あとは雨も止み快適なウォーキングとなりました。

二度三度歩いているコースですから、やはり写真は少なくなっている。

途中豊田佐助さんのお家がありました。
Img_1769
佐助さんは忍者ではありません。
豊田佐吉さんのの弟さんです(^_^)

少し違和感があるかもしれませんが、ここからが「恋」の成就を願うウォーキングとなります。

まずは、高牟神社。
ここで、恋の成就となる霊験あらたかな古井戸のお水をいただいてきました。
さてさて、おくればせながら、新しい恋が芽生えるような気がいたします。ドキドキhappy01
Img_1771
おいしそうな杏が実っていました。

城山八幡宮では、一応、恋の成就を祈願して、サラリとかわしてきました。
しかし、恋の成就とは言っても、それにはまず「恋」をしなくてはならないんじゃないの?

で、最後の「清明神社」
この神社はすっごく小さな神社であります。
その歴史は平安時代。今から1000年も前のことだそうです。
なんだか、すっげ霊験を感じます。

さてさて、「恋」が成就したらいかがいたしましょうcoldsweats01





2014年5月 5日 (月)

愛知こどもの国

Img_1728

碧海幡豆ウォーキング協会の5月例会
「子供にかえって愛知こどもの国を歩こう」に参加した。

「子供の国」とは言っても、あなどることなどできない。
この施設は、山の上にあり、名鉄「東幡豆駅」から歩くと、ちょっとした登山である。
しかも、その山をグルグルと歩き回るのである。
歩いた距離は、20kmである。 山道の20キロはとても厳しい。

Img_1730

山頂の展望台からの景色は、絶景である。
三河湾がまるで地図を観るように、克明に読み取ることができる。

Dsc_0013
三河湾のアサリは、全国有数の名産地である。
今が絶好の季節らしく、潮干狩りの人々で埋め尽くされていた。
おりしも引き潮で、向こうに見える「うさぎ島」まで陸続きとなっている。

歩いた後の潮風が、とても心地よかった(^_^)

2014年4月 7日 (月)

名古屋ツーデーウォーク

1dsc_0020_4

「しだれ梅」から急に桜となっております。
これは、季節が急に変わったのではなく、
ブログが更新されていないのである。

そもそもこのブログは、自分のいろいろな出来事の記録で始めたのである。
いくつもの記事が抜け落ちており、もはや意味をなさなくなってきております。
それでも、ま、書いたほうがいいような気がしております。

名古屋ツーデーウォークが盛大に開催された。
全国、北は北海道から九州まで多くのウォーカーが集結して、名古屋の街をグルグル歩き回りました。

第一日目は、熱田神宮公園から荒子公園→豊国神社→産業技術記念館→ノリタケの森
                 →白川公園→熱田神宮公園までの22kmである。

2dsc_0013_3
この写真は、広大なノリタケの工場内部の庭園である。

第二日目は、熱田神宮公園から瑞穂公園→覚王山日泰寺→名古屋テレビ塔→熱田神宮公園までの22kmである。

冒頭の写真は、瑞穂運動公園近くの山崎川である。

桜が満開。
川面には花筏。
風に舞う、桜吹雪。
写真撮るのが精一杯。
猛スピードで通りすぎるお花見を堪能しました。

ブログ更新は怠けているのでありますが、決して遊ぶことを怠けているわけではありません。
きっちり、あれやこれや遊び歩いているので、その点はご心配なく。(ん? あっ 心配してませんよね ^o^ )

青春も堪能いたしました。
そうです。 青春18切符を活用して神戸の街を歩き回ってきました。
三宮から、兵庫駅までの10㌔程度でございますが、とても楽しい一日でした。

Img_15851_3 Img_15921_4Img_15951_4

清盛君!
ブログ、なるべく、怠けないように頑張ります(^o^)

2014年3月10日 (月)

梅満開(^o^)

Img_1572

こうして写真にすると、なんだか地味っぽく見えます。
しかし、実際はやはり、梅の名所「佐布里池」であります。
決して、地味ではありません。

豊田市ウォーキング協会の3月例会「早春を訪ねて」に参加した。

名鉄古見駅から佐布里池まで行き、名鉄寺本駅までの12.5キロのコースであります。

Img_1565 Img_1553

 

より以前の記事一覧