最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

2009年3月21日 (土)

豊田安城自転車道

 昨日は、家事をほっぽり投げ、オートバイで遊んだ。
そのため、今日はその残りをやろうと決意。
しかし、紺碧の空sun 
明日は、天気が崩れると言う。
これが出かけずにいらりょうかbicycle
と、またまた、家のことをほっぽり投げ、自転車でお出かけぇ~

P1000028 P1000033
あちこちで、桜や、桃が咲き始めている。
カメラを向けてカシャっ!
ん? 「メモリカードがありません」 ぎゃーーーーーっ!
また やっちまったぁ~~
で、写真は、ケータイで撮りました。
来週の週末あたりが、見頃だろうと思う。
水源公園は、ポカポカ陽気に誘われて、あちこちお弁当をひろげていた。

P1000034
ハクモクレンの花びらは、茶色くなり始め、見頃は終わっていた。

明日は、ほぼ確実に雨だろう。
雨だろと、槍だろうと、ブタだろうと、たぶんお出かけするはずですhappy01
春雨じゃぁ~ 濡れてまいろうrun

2008年7月21日 (月)

海ポタ

Img_0409

今日は朝から、海の日である。
僕はこれまで、海の日の正しい過ごし方について考えたことがなかった。
ふと思うに、日本は海に囲まれている。
その海から受ける数々の恵みが、今日のわが国の繁栄をもたらした、と言っても過言ではない。
そうです。海に感謝する日なのですyacht
勤労感謝の日がある。
その表現からすると「海感謝の日」 と言ってもいいような気がする。(語呂が悪いけどね)
しかし、どうすれば海に対する感謝になるのか。
具体的行動はどうするのが正しいのか。
家で、国旗を掲げ、仏壇の前で経文を読むのが正しいのであろうか。
あるいは、恐れ多くもこの日だけは、海に近づかず山にでかけるのがよいのであろうか。
あるいは、海に出かけていき、海に向かって「バカヤロー」ではなく、「ありがとー」と叫ぶのが正しい行動であろうか。
などと、考えながら僕の愛車ルイガノ君92 は、すでに海に向かっている。

日本は海に囲まれているので、東西南北どちらに向かって走っても、やがてどこかの海にに到達するはずである。ここ豊田市は、南に向かいさえすれば海に行ける。
目的は漠然と「海」であり、詳細はどうでもよいのである。
まさに、お気楽なポタリング92である。

暑いsun
猛暑の中を、自転車でヨッコラショ ヨッコラショと走るのですよ。
サウナや温泉、岩盤浴など汗をかく施設が多く見られるが、真夏の自転車はその比ではありません。スタイルが気になりだしたら、是非お勧めいたしますよhappy01

Img_0406
今日のコースは、豊田市から安城→西尾→幡豆→吉良→一色→碧南→刈谷
                 →知立を通って、豊田市までの 91㎞ である。

猛暑の中でも、緑や水の流れなど、とても涼しげで癒されます。

冒頭の写真は、吉良の海水浴場だったと思う。
実は、朝、出掛けに、「おーい海水パンツあるかぁ~」
「う~ん、あったはずだよ。ちょいと探してみるねぇ~」
かなり、大掛かりな捜索になった様子である。
なので、「もういいよぉ~」と僕
7年ほど前に買ったやつがあるはずなのである。
が、有ったところで一昔前のやつで、きっとダサイに違いない。

今日は、泳がなくても海に対しての感謝の気持ちを 伝えるだけでよいのである。
「海よぉ~ あんがとーーっ」と叫ぶのに海水パンツはどっちでもよいのである。

Img_0407
歴史ある吉良町の天然記念物 「松」である。

猛暑の91㎞は、さすがにくたびれましたhappy01

2008年3月29日 (土)

お花見ポタ

Img_8956  

 マウンテンバイクで、ポタリングである。
伊賀川堤の桜が見ごろと聞いて、やってきた。見事である。
ここには伊賀八幡宮がある。徳川家康はこの神社の氏子であったらしい。
この伊賀川は岡崎城の、お堀であったらしい。
 伊賀川を堪能して、マウンテンバイクは豊田市の水源公園に向かう。
ここも豊田市では、古くからの桜の名所である。
ソメイヨシノはまだまであったが、ピンクの枝垂桜がとても美しく咲いていた。
Img_8981

 この日の写真はスライドショーでHPの方にアップしました。

 いけね!こんな時間になってしまった、早く寝なくっちゃcoldsweats01
明日は、歩く日だ。

2008年3月15日 (土)

ポタ巡拝常滑方面

Img_0040

 昨日荒れた天気から、一気に雲ひとつない春の朝だった。この日はまだ、ウォーキングか、自転車か、バイクにするか決めていなかった。外を見ると驚くべききれいな空だ。こんな日は「自転車ぁ~happy01」とポタリングに決定。行き先は常滑方面の弘法さん巡拝♪
エアチェックよしっ! ブレーキ調整よしっ! いざいざ出発~つbicycle

 走りだすと、あちこちから春の香り。菜の花、沈丁花、梅・・・・もう後戻りしないだろう春を感じる。
Img_0030
Img_0031
 たくさんの花たちが、一斉に咲き始めていた。
知立から、刈谷、東浦へと走る。風を受け、環境に優しい乗り物ではあるが、とても暑い。
Img_0032 Img_0035

Img_0036  Img_0037
 知多市に入ると、梅のキレイな公園があった。そこから流れる哀愁をおびたアコーディオンの音色。すでに30キロ近く走っている。少しくらい休憩したって誰も咎めやしない。
美しく手入れされた、梅林である。色と香りと青い空。偶然に立ち寄って、儲けた気持ちである。ん?アコーディオンの感想ですか? ま、いいじゃないですかnotes

Img_0041 Img_0042

Img_0044 Img_0045

Img_0046 Img_0047
 季節もよくなり、巡拝する人々が増えている。本格的正統な白の装束の身支度で巡拝する人々も数多くみられる。アウトドア用の軽装の僕は、小さくなって隅の方でお参りさせていただいた。
 残りは13箇所である。どれだけ混んでももうすぐ満願成就(^_^)

 常滑から半田に向かう。半田と言えば「新美南吉」の生家で有名である。
走っていたら、新美南吉記念館の標識があった。寄らなければなるまい。
Img_0049 ほら、これ、『手袋を買いに』のモニュメント
Img_0049_3 

「母ちゃん、人間ってちっとも恐かないや」
「どうして?」
「坊、間違えてほんとうのお手々出しちゃったの。でも帽子屋さん、掴まえやしなかったもの。ちゃんとこんないい暖い手袋くれたもの」
と言って手袋のはまった両手をパンパンやって見せました。お母さん狐は、
「まあ!」とあきれましたが、「ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら」とつぶやきました。

Img_0050_3 

 で、狐さんの悪戯なのか、衣浦大橋まできたら後輪がパンクです。weep
空気を入れながら、走りましたが、空気の減るのがどんどん早くなります。
仕方ないから高浜市の市役所に立ち寄り、チューブの交換。もちろん市役所で交換してくれるとは思っていませんし、そういう課は存在しないことも知ってます。ただ修理の場所を借りただけです♪

 手際よくテキパキとパンク修理を済ませ、安城市に向かう。三河安城駅の近くに、こういう種類の自転車をたくさん扱っている自転車屋さんがある。
チューブの予備を確保しておかなければならないからである。チューブの予備をサドルの下のバッグに入れると何故か、とても安心して走行できるのです(^_^)
 ここから、豊田安城自転車道を走り、本日のポタリングは終わった。

本日の走行距離 76㎞

2008年2月17日 (日)

知多ポタリング巡拝

Img_0805

 昨日のことである。知多四国八十八ヶ所巡拝に出かけた。知多市方面である。

 この日も、雪が降るかも知れない予報であった。
しかし、窓の外はコパルとの青空である。
寒さも、恐るるに値しない。
近頃のメタボが益々、ひどくなっていくのがわかる。
これは、じっとしているわけにはいかない。
ルイガノ君のエア点検および、その他の始業点検。
朝の冷たい風を受けながら、知多市に向かう。

Img_0750 Img_0751 Img_0752 Img_0754 Img_0755 Img_0756 Img_0757 Img_0758 Img_0759 Img_0761 Img_0762 Img_0763 Img_0764 Img_0765

 この日の巡拝は、72番~81番、番外を含め、11ヶ所である。
残りは、18ケ所happy01 グリーンジャンボまでに満願にならんなぁ~・・・

 ここまで、来たら名所「佐布里池梅まつり」に行かなければならない。
降り始めた雪をものともせず、佐布里池に向かう。
「梅まつり」の初日であり、土曜日である。駐車場は満車になるはずである。
自転車の特権を生かすときがきた。玄関前横付けの快感を味わえるのである。
がっ!しかし、なななななんと、駐車場はガラガラ。誰もが玄関先に堂々と横付けしているのである。特権を味わえないじゃーーーーんっ!!

 で、梅の写真は、別のページにアップしたので、よろしかったら見てやってください。

この日の走行距離 64㎞

2008年2月11日 (月)

ポタリング・シネマ

Img_0729

今日は、順番からすればオートバイの日にあたる。しばらく乗ってないので、バッテリーが心配だからである。しかし、近頃メタボが著しく進行しており、カロリーの消費が深刻に必要なのである。悩んだ末、今日は自転車とする。時間もたっぷりあるので、ポタリングシネマと洒落こんでみよう(^_^)と、三好町に向かう。
 

 朝の保田ケ池の散策路のサイクリングは快適である。
Img_0729_2

 映画館はたいへんな人ごみである。僕と同じように、三連休の最終日を映画で閉めくくる人々も多いのだろう。
 行列している中でこともあろうに、自動発券機の操作ミスをしてしまった。命令のとおりに画面タッチすればよいものを、ガソリンスタンドのようにCARDを先に挿入してしまったのである。カードは機械の中に吸い込まれ、どうにも操作ができなくなってしまった。いやはや、後ろに並んでいる人々にすまないことをしてしまったwobbly係員を呼び、なんとかこの危機から脱出することができたが、自転車で汗をかき、またココで汗をかくことになろうとは・・・

 「アース」   これからも、歩行、自転車、バイクで美しい地球を復活させなければならないなぁ~ と 改めて感じた。
 ジャスコなのかイオンなのかわかりにくいが、この中にあるインド料理のファーストフード店でナンとカレーを食べた。また、カロリーを消費せねばならなくなった。

Img_0731
 三好から刈谷、知立、安城を走った。ポカポカ陽気で春を感じる風であった。
Img_0733

 モクレンの蕾も、こんなに大きく膨らんできた。

 先日の雪も忘れたのか、梅も咲き始めていた。

Img_0747 Img_0743

本日の走行距離 42㎞

2008年1月26日 (土)

東海市あたり

   朝から絶好のポタリング日和。風は強いが、そんなの関係ねぇ~・・・
回転部分に注油。エアー注入。ヨシッ!!
交番所の前を通ると、おまわりさんにご挨拶。「おはようございまーす」

 今日は、名鉄太田川駅周辺の5箇所である。冷たい風が激しく吹いている。速度がでない。ま、のんびりやっかぁ~\(^o^)/
Img_0632 Img_0635 Img_0637 Img_0638
ま、似たような写真ばかりです。あしからず
二百年記念の幟旗が、ド派手に風にゆらいでいる。前回のようにお菓子でももらえるのかなと、期待はいたしませんでした。で、期待しなかったせいかもらえませんでした。
そりゃそうですよね、本来お布施は、参拝者がするものですよね。はいっ!わかりました。

 一箇所で、「みかんをどうぞ」とふるまわれた。やはり嬉しかった。でっかいのを一個バッグに入れて帰った。買ってもたいしたものではないのに、嬉しいのは僕だけかなぁ~。
Img_0639_3
これって、花が咲く前に摘んでしまっているようです。もしかしたら、よく売ってるおひたし用の菜の花のなんだろうか。つぼみであり見事に咲いていないのです。でも、これはこれで、春を感じさせるいい風景であります。

 今日の予定は、いつものように60㎞以上の走破である。我が町内に入ってまだ60キロに達していない。このぶんだと、確実に目的は未達となる。もう少し余計なところを走ってみようと思ったが、そんなことを考えているうちに到着してしまった。57㎞である。残念!
 どうにも、不足感が頭から足にかけて不足を訴えている。ちょうど、おいしいご飯をもう少し食べたくて、お変わりを我慢している状況に似ている。近年の若者は「我慢」するってことに対して無能になってきていると聞く。僕も我慢をすればよいところであるが、追加の運動に対しては、社会問題になるとは到底思えない。よしっ!ちょいと歩こうか。
 万歩計を取り出し、今から一万歩歩くぞぉ~、とそのままテクテク歩き出す。

空が美しい
Img_0642
 画面中央に、冠雪した恵那山。その左が中央アルプス。
ここからでも、十分「えぇなぁ~ 行きてぇなぁ~」と思えるほどクッキリと見える。
う~む・・・・ 写真には写りにくいなぁ~・・・・
 万歩計が5000になるまで、前進する。いつもの景色でどってことない。
1時間半ほどで、家に戻る。戻ってから万歩計をみたら、なんと9600歩だ!
なんでだよぉ~ ちゃんと5300歩を確認してから戻ったのにぃ~
 またまた、中途半端な未達感で、またまたフラストレーションだぁ~~

本日の自転車走行距離 57㎞

本日の歩行距離 9600歩(約6キロくらいかなぁ~)

合計 57+6=63㎞ あー すっきりしたぁ~(^_^)
                     ん?そんなもん足すなですって??

2008年1月13日 (日)

ポタシネマ

 これは昨日のことである。
 朝から雨である。今日は、ためてあった屋内のやるべきことをやろう。
そうは言うものの外が気になるので、窓から見てみる。何度か観察しているうちに、一人二人と傘をささずに歩く人がいる。やがて、自転車でも傘をさしていない人々が行きかう。
これはじっとしているわけにはいかない。

 濡れた道路では、汚れるからバイクやルイガノには乗れない。こんな時はマウンテンバイクでブラブラと映画を観るのが正しい選択である。そうです。マウンテンバイクなら汚れててもいいのです。汚れはむしろかっこいいのです。

 ネットで今上映中の映画を調査。「ま、椿三十郎でも観っかぁ~」といざいざ三好町へ出発~つ0 出発して間もなく、細かい霧のような雨が降ってきた。天気予報は「雨のち晴れ」である。もう雨は上がらなくては、晴れになれなくなっちゃうではないか。などと思うとこのまま直進。いざいざゴーゴー!!しかし、行けども行けども雨は降り止まぬ。この季節の冷たい雨。早く止めぇ~~!

 「椿三十郎」はずいぶん以前に観たことがある。今回の作品はその時の、三船敏郎や黒澤明と、どうしても比較の目で見てしまう。ん?どうだったか?ですって?そりゃまぁ その はい そのとおりです。比較したとおりです。とは言うものの、黒澤物を観てない人々にはそれなりに楽しめたと思います。おもしろ場面では場内のアチコチで笑いも聞こえました。

 映画館を出ると、雲こそ多いが明らかに「これから晴れるぞぉ~」って感じであった。
遠くの山々の稜線もくっきり描かれている。雨のあとの澄み渡った風を受けながら、家路につく。

本日の走行距離 およそ25㎞くらい

2008年1月 4日 (金)

初巡拝(^_^)

 お正月が終わった。もともと僕にとって単なる連休であったが、さらに一層普通の連休となったのである。天気予報は暑くなる予報である。涼しいうちに出発しなければならない。
朝の冷たい風が気も体も引き締める。

 近頃やけに神社仏閣にはまっているようだ。しかし、決して信仰心が厚くもなければ、信心深いわけでもない。たんなるスポーツの一環として、その達成すべき目的のスポットとして神社仏閣が選ばれているだけのことである。初詣も三回しているわけだが、真の初詣は一回目だけで、あとは「初」ではなく単なる「詣で」である。しかも偶然ポタリング中に通っただけである。
080103hekinan001  今日、大府市の知多四国八十八ヶ所第5番札所「地蔵寺」で話をしてたら「それは、仏様が導いているのですよ」などと言われた。

う~む・・・導いてくれるのもありがたいことだが、宝くじの当選を与えてくれぇ~~っ

080103hekinan002_2    やはり昼ちかくから、どんどん暖かくなり汗がじわじわと噴出してくる。着ている物を脱いでもよいのだが、この自転車では置くところさえ無い。しかたないので風通しをよくしてやり、速度を落として、ゆっくりのんびりポタることにする。
  快適である。まるで春の陽気である(^_^)

080103hekinan003  今回は写真を思いっきり小さく縮小したのでわかりにくいですが、これは境川に架かる古い形の橋である。特に有名スポットではないのであるが、そろそろ壊されそうな雰囲気でしたので、撮っておくのがよいような気がした。親柱には、なんだか灯明が入る仕組みになっているようだ。

 今日で、三日連続ポタっている。足よりもケツが痛くなった。乗り方が悪いのであるが、パワーも落ちてきている。足で踏ん張れなくなっているのである。予定の60㎞に少し距離が不足しているが、家路に向かう。明日はバイクにしよう0

本日の走行距離  43㎞

2008年1月 3日 (木)

豊田安城自転車道

 今日こそは豊田安城自転車道を制覇したい。これまで、どうしても三河安城駅のあたりで見失っていたから、その先へは行ってなかったのである。
しかし、やはり今日もどうやら見失ってしまった。それでも水路らしきところを一生懸命に探した。探しているうちに高浜市内に入ってしまった。「豊田安城」がこんなところに行くはずがない。また今日もだめだったかと、自転車道探索をあきらめる。ここからは本格的ポタリングで目的もなんもない。ただひたすら冬の風を楽しむことにする。

 碧南市に入ってしばらくすると、なにやら人だかりができている。人だかりを見ると「はて、なんだろう」と思わない人はいないはずだ。映画俳優が来ているかもしれない。プロ野球の選手が来ているかも知れない。アイドル歌手かもしれない。あるいは、行列のできるほど美味しい店かもしれないし、大特売のお店かもしれない。いずれにしろ、興味を持たない人などいるはずがない。
 だんだん近ずくと、それは初詣の参拝者であった。どうやら地域的に有名なスポットらしい。毘沙門天と書かれた門がある。この門で鐘を一突きする。なにやら難しい鐘突き装置である。紐を下に引っ張って、あるタイミングでヒョイっと離すのである。なんとか鳴らすことができてホットする。
080103hekinan001
080103hekinan002
 写真にはそれほど混んでないように見える。しかし中はごちゃごちゃに混んでいる。
出店がたくさん入っていることもあり歩きにくい。歩きにくい中で、ふとタイヤキを買ってしまった。焼きたて熱々である。振る舞いお茶でもぐもぐする。んめぇ~\(^o^)/日本の初詣はこうでなくっちゃねぇ~0

 いったん西尾市内に入って、矢作川の堤防に戻る。矢作川の堤防を遡れば豊田に戻るはずである。北風を受けながらガンガン進む。
すでに廃線になった電車道である。赤字路線は全国的な現象なんだなぁ~
080103hekinan004
080103hekinan005

 ふと見ると用水路らしきものが見えるではないか。「ん!もしかして明治用水?」
ありました、ありました「豊田安城自転車道の起点」めっけぇ~39
080103hekinan006
  この道をどんどん行けば、どこで迷子になったかが解明できるはずである。
さすがに「日本のデンマーク」と呼ばれた安城。田園地帯が広がる。
そういえば教科書にそう書いてあったが、今はもう死語なのかもしれない。
あちこちで巨大な工業地帯に変わってしまっている。
 農業より、大企業の駐車場に賃貸した方が苦労もなく現金収入が得られるからなのであろうか。農業生産より「カネ」か。さびしいことです。
080103hekinan007
 さすが「自転車道」 ポタびとが行きかう。
僕は冬の風を楽しみながらのんびり走行であるが、若けぇ~もんは、猛スピードで走り去る。そりゃもう軽く40キロは超えているだろうと思われる。ちょいと真似をしてみるが、すぐ息がきれる。はーー はーー 
 息が切れることより、熱くなって汗をかくのがいやです。寒いときに汗をかくと、風邪をひくことになります。もちろん汗をかきっぱなしで、家についてしまえばいいのですけどね♪
ポタリングは競技ではないので、のんびりマイペースが良い。
 やがてきました分岐点。これまで迷子になった原因個所。これです!
080103hekinan008
 これまでは、写真右を走っていました。
右ではなく、左に行かなければならなかったのです。
左が「豊田安城自転車道」右が「中井筋自転車道」と看板に明確に識別できるように記載されている。
 これを見逃して走っていたのは、どこのどいつだぁ~?・・・わたしだよぉ~

本日の走行距離 64㎞

より以前の記事一覧