最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年12月14日 - 2014年12月20日 »

2014年12月 7日 (日)

新美南吉を訪ねて安城市

Img_2074


新美南吉と言えば「半田市」「ごんぎつね」を思い浮かべるはずである。
「新美南吉と言えば安城市」などと言えば「おまえアホか」と言われそうでもある。
ところがどっこい今、安城市では「新美南吉誕生100年記念事業」が盛大に行われている。

そこで碧海幡豆ウォーキング協会は「安城の新美南吉ゆかりの地を訪ねる」を開催した。

新安城駅から、総合運動場→新田小学校→新田公園→南吉の下宿先→稲荷神社→国鉄安城駅→
安城駅周辺壁画めぐり→花の木橋石柱→安城公園→桜町小学校→碧海協会→中部小学校→
総合運動場→新安城駅までの16キロメートルである。

コース全般に南吉先生の人柄が偲ばれる空気が充満している。
冒頭の写真は、建物全体に描かれた南吉さんが散りばめられた壁画である。
Img_2079


Img_2081
こうした壁画が、至る所に描かれている。
う~む・・・ バンダナの上に眉毛かぁ~・・・・
ま、細かいことはどーでもよろしい(^o^)

Img_2073


Img_2070


Img_2072

この部屋で「指導案」やら、「詩」やら「童話」書いていたのでしょうね。
大家さんが、ホント親切に丁寧に説明してくれます。
「上がって観てください」とか「庭のキンカン好きなだけ採っていいよ」などと言ってくれました。 ありがとうございます(^_^)

Img_2078
南吉先生と、生徒さん。
めっちゃ いい先生だったみたいですよ♪

Img_2085


Img_2087_2

関係のある学校の庭にはこうした、南吉先生の造形があちこちに観られます。

南吉先生を偲んで、時代を思い浮かべていたのもつかのま「ボーネン会」です。
時の流れから、目覚めて酒飲んで大騒ぎ!!
ったく、風情もぶち壊しの酒豪ばかりで困ります(^o^)











« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年12月14日 - 2014年12月20日 »