最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年6月23日 - 2013年6月29日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »

2013年7月15日 (月)

海上の森

Img_1121

夏空とは少しちがうような気がするが、猛暑の日々が続いております。
テレビでは連日のように、熱中症の患者数を高らかに報道している。
しかし、これから本格的夏に向かうため、暑さに鍛えなければならない。

7月14日(日) 昨日のことである。
前日の夕立で、少しばかり涼しげな朝であった。
やはり、「暑くなる」「熱中症に注意」と、テレビが叫んでいる。
500ccのペットボトルのお茶3本(内一本は氷結) 
300ccのちゅーちゅーパックの氷結アクエリアス3個。
お弁当、塩分タブレットなどの防暑対策グッズを準備。
豊田市ウォーキング協会の7月例会に参加するべく、いざいざ出発!!

ぐるりと見渡しても、夏の積乱雲は見当たらない。
風も夏の暑さとは少しちがう。
前日の雨のせいか、とにかく蒸れ蒸れである。

歩き始めると、たちまち汗が噴き出る。
しかも、いきなり上り坂である。

坂を登りきると、そこは、万博公園の巨大お皿がある場所である。
このお皿の下は、そよそよと風があり、心地よい。
お皿の下での休憩なんて、なんだか巨人の国のようで、
妙な気分であるが、そんなことどーでもよい。
スタッフのみなさんは、一生懸命「岩塩」などを配布している。
多量の汗をかいたあとの「岩塩」は絶品である。 んまいっhappy01

海上の森に入っていく。
こうして歩いていると、万博の時に、この森がつぶされなくてよかったと、しみじみ感じる。
小鳥たちのさえずりがあちこちで聴こえる。
野鳥の会の人々が、でっかい写真機を持って歩いている。

ここからずっと、登ったり下りたり、アップダウンの連続である。
このコースを設定したスタッフさんたちは、まさかこの時期こんなに暑くなるとは、考えてもいなかっただろうと思われます。

Img_1116
途中展望台に上る。
バテバテで、登るのをやめとこうとも思ったが、コースの一部であるので、挑戦。
Img_1113
こんな景色でした。
スカイツリーも富士山も望むべきもありません。(あたりまえですhappy01
ほら、積乱雲も見られず、夏空って感じじゃないですよね。
でも、すっげ暑いのです。

Img_1119
暑さの中、この池を見ると、なんだか涼しげでホッとします。

ここから、さらにガンガン登ります。
鬼・神・猛暑ではありますが、緑の森林の中は心癒されるような気がする。
この季節に相応しいコースで、たいへん満足なウォーキングとなりました。
本日の歩行距離は、山道の13kmでしたhappy01











« 2013年6月23日 - 2013年6月29日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »