最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

2013年4月 4日 (木)

豊田市街地お花見歩き

Img_0840
江戸の花見を堪能したあとは、地元の名所めぐりである。
まずは、水瀬川の桜。
Img_0843
ユキヤナギとのコラボも豪華です。

Img_0845
豊田市街地の北部は、フルーツの産地であります。
特にこの桃畑は圧巻であります。
Img_0847

Img_0850
どこまでも広がる桃の花
満開の桃の花は、どんどん摘み取られ、すぐに終わってしまいます。
とてもラッキーでした。

愛知県緑化センターに向かう。
今日は、歩く予定で家を出たのですが、予定を変更して、バイクで巡ることにした。
Img_0860
ヤマツツジが歓迎の挨拶をしてくれた。
Img_0863
桜はほとんど、終わりでした。
このユキヤナギとのコラボが人気のポイントである。

県緑化センターから、山田川に沿ってソメイヨシノが満開であった。
延々と続く桜並木ではあるが、ま、よく見る景色であるので写真は無い。

バイクで桜並木を駆け抜け、桜の名所「平戸橋」へ向かう。
ここは、幼少の頃からお花見に出かけたところである。Img_0867
ここは、やはり豪華である。
お花見にふさわしい公園となっている。
宴会らしきことをしている人々も見られる。
Img_0872

Img_0874

Img_0875

Img_0877

Img_0881
こうして、一気に地元豊田市のお花見を堪能できました。

で、ついでに僕の育てたお花の様子です。
Img_0838

Img_0837

























2013年4月 3日 (水)

大江戸市中お花見歩き Ⅲ

原宿をあとにして、
国立競技場、神宮外苑、東宮御所、学習院初等科、迎賓館など、高貴なスポットをひたすら通り過ぎる。
満開のしだれ桜、葉と花が同時に咲くオオシマザクラなどを観ながら
さらに、四ツ谷、市ヶ谷を通り、靖国神社の参拝へ向かう。

Img_0819


Img_0820




Img_0823
靖国神社には、屋台のお店がたくさん出ており、なにやら楽しげである。
野点のお茶が楽しめそうであったが、望むべくもない。
花びらが敷き詰められている。
楽しげな雰囲気ではあるが、我々の目的はウォーキングである。
さっさと参拝し、まっしぐらに日本武道館、千鳥ヶ淵公園へと進む。

Img_0827
桜満開の千鳥ヶ淵は、マラソンやウォーカーなどで、たいへんな賑わいであった。
さすがに、もうすこしゆっくりお花見と洒落込みたかったのであるが、叶わぬことであった。
満開の桜に、お堀に浮かぶボート。 いかにも春の風景であった。
しかーし、後ろ髪引かれながらも、先へと急ぐ。

Img_0829
三宅坂から、国会議事堂をチラ見して、桜田門へと行く。
あいにく桜田門は工事中で、歴史を偲ぶべくもなかった。
もちろん、井伊さんも、水戸藩士たちも、すでにそこにはいなかった。

Img_0830
ぐるりと回るとすぐに石橋が見える。
遠くかすかに二重橋が見えそうで見えなかった。残念!
「おっかさん! ここが石橋ですぞ」と、つぶやきながら、記念写真を撮る。

石橋から少し駅の方に向かうと、なぜか楠木正成が、ド迫力で馬にまたがっている。
朝敵とまで呼ばれながらも、今、こうして皇居外苑で我が国をお守りしている。
ちょいと解りにくいが、なんとなく解るような気もする。

この広場で、楠木さんに見守られながら、ゴール解散式が執り行われた。
この日の歩行距離は、19キロメートルである。
睡眠不足で、よれよれになりながらの19㎞である。
やれやれ(^O^)/

ところで、八重洲口付近には、なかなか昼食摂るようなお店が無いですね。
デパートは、どのお店も長い行列!
「立ち食いそば屋」を見つけ、390円の「春盛り蕎麦」なるものをいただいた。
天ぷら蕎麦で390円って、お得ですよね(^.^)
江戸で「蕎麦」ですから、「ちょいとお兄さん 粋じゃないのっ!!」

東海道線で、熱海、掛川と乗り継ぎ、無事帰りつくことができた。
お花見もできたし。
いやはや過酷ではあるが、たいへん楽しい旅でした。
                                         完

2013年4月 2日 (火)

大江戸市中お花見歩き Ⅱ

「おかえりなさい ご主人様」などと言われぬまま、秋葉原をあとにする。

1㎞ほど歩くと、日本ウォーキング協会がある。
全国のウォーキング協会の頂点であり、偉いのである。
ここで、各種の認定が行われている。
僕は今、3500㎞を歩いたことが、認定されている。
もちろん、万国共通の認定である。
どうです! エライでしょhappy01

Img_0803
少し歩くと神田明神である。
「神田明神スチャラカチャン」などと呟く人もいる。
この「スチャラカチャン」が何を意味するのかは、未だに不明である。
子供のころ耳にしたが、今ではもう完全なる死語だと思う。
粋な江戸若衆のお祭りも、見てみたいものだ。

神田明神をあとにすると、やがてお茶の水駅である。
「青春18切符」は一日乗り降り自由。乗り放題!!
これを活用し、JR中央線に乗る。train

久しぶりの新宿である。
まさに青春時代、伊勢丹あたりをうろうろしたものだ。
たしか「ピットイン」というJazz喫茶があったはずだ。
「新宿ACB」で、生ロックバンドが活躍していた。
「アングラ劇場」なども行ったことがある。
今もあるだろうか。
と思いながら、反対の西口に出る。

Img_0809
青春時代と恐ろしく様変わりした西口である。
恐ろしく様変わりした西口に、恐ろしくでっかいビルがある。
これが、東京都庁である。
生都庁を見るのは初めてのことである。
眺めながら歩いていたら、首が凝ってきた(嘘です)。

Img_0810
小雨の新宿中央公園は、桜も散り始め舗装に花びらがびっしり積もっている。
もちろん、このような公園など珍しくもなんともないので、素通りである。


Img_0811


Img_0817_2
3キロほど歩くと、明治神宮である。
大都会とは思えぬほど、静かな緑地となっている。
一本の桜も美しい。
記念写真を撮影していた、白無垢の花嫁さんも美しい(^O^)

Img_0818
原宿竹下通りを、チラ見しながら、国立競技場に向かう。

       つづく (はずです)

2013年4月 1日 (月)

大江戸市中お花見歩き

Img_0835

所属する碧海幡豆ウォーキング協会の特別例会「東京ウォーク第3弾」に参加した。
昨年に続き2度目である。

さすがに江戸は遠く「ちょっくら行ってくら~」ってなわけにはいかない。
事前に準備が必要である。
事前準備は一カ月も前から始まる。

まず、仲間を5人集めなければならない。
これは、「青春18切符」を活用するからである。

「青春18切符」は、名前からして、僕にはなんとなく相応しくないような気もする。
しかし、これは固有名詞であり、商品名だから、なにも気にすることはない。
この場合の「青春」は、なんとなく、学生、若者をイメージしたものであり、あくまでも「イメージ」である。
決して、「青春に限る」などと法律等で定められているわけではない。
ついでに、「18」も、どうやら青春の代表的年齢だから名づけたようです。

この「青春18切符」は5回(人)分が一枚になっている。 そのため、5人を集めるのである。

5人が集まったら、一か月前に臨時列車「ムーンライトながら」の指定席券を買わなければならない。
この列車は、新幹線ができる前の、特急列車みたいな感じです。
もちろん「全車指定席」
この指定席が、一人510円である。
かなり人気列車であります。
早めに買っておかないと、5人まとめて座席が取れないこともあります。
今回は、発売初日の二番で買うことができました(^.^)

ん? いけねぇ! なんだかJRのコマーシャルみたいになってきたぞっ!!

てなわけで、3月31日日曜日午前0時17分豊橋発の「ムーンライトながら」でいざいざ出発!!

列車がホームに入ると、記念の写真を撮る乗客もいる。
やはり、人気列車なんだと実感できる。

車内は少し寒い。
寒いが、寝なければならないので、一生懸命に寝る。
やがてあちこちから、「ガオー、ガオー」「グっググっグ、ガー」などと大合唱。

途中の駅で何本もの貨物列車に道を譲る。
やはり「臨時列車」の弱みなのか、とことん貨物列車優先のようだ。

ホームには、人っ子ひとりいない。
当然のことながら駅弁なども売りにこない。

貨物列車の「ヒョ~~っ」と鳴る汽笛一声が、旅の風情を盛り上げる。
なんだか、昭和のよい時代を思い浮かべることができる。

一年ぶりの「東京」である。
あこがれの「大都東京」である。
郷土の、家康さんがこさえた、「大江戸」なのである。
感無量で、秋葉原に向かう。
この街は、「今 熱い街」などと、TVで観たばかりである。

「デニーズで朝食を」と、ヘップバーンさんを思い浮かべながら、朝食をとる。
当然のことではあるが、お店に入ると、東京に居ることを忘れる。

お店を出ると、酔っ払いが倒れて叫んでいる。
救急車が猛スピードで走り抜ける。
さすがに大都会の早朝である。

雨である。sprinkle
冷たい雨。
折り畳み傘で、神田明神に向け、いざいざ出発!!run

                        つづく (たぶん)

« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »