最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年12月23日 - 2012年12月29日 | トップページ | 2013年1月6日 - 2013年1月12日 »

2013年1月 5日 (土)

ニューイヤー・コンサート

ウィーン·ヨハン·シュトラウス管弦楽団 ニューイヤー·コンサート2013」
に行ってきました。
豊田市コンサートホールです。

最前列中央部に陣取りました(^_^) (←そこしか空いてなかった)
指揮者からおよそ2メートルほどである。
舞台の高さは低いので、まるで自分がオーケストラ内部にいるような感覚でした。
ときどき、指揮者や、最前列のバイオリンの方々と目が合う。
バイオリンの美しい女性と目が合うと、ドキッとしますhappy01
話しかけられそうな雰囲気さえ感じる。
ってか、僕の二人隣のご婦人は、ついに話しかけられていました。
指揮者が名前を聞いていました。
そして次の曲は「アンネの・ポルカ」
これを先ほどのご婦人の名前「はるみの・ポルカ」と名前を変えての演奏でした。
ご婦人、指揮者から花一輪をプレゼントされてました♪
僕が女性だったら、けっこう 危ないところでした(^o^)

年末の定番は、ベートーベンであるが、
お正月は何と言っても楽しくワルツ。
ワルツと言えば、シュトラウス一家。

指揮者のヨハネスさんは、すごく偉い指揮者なのですが、
この方は、まことにおもしろい。
ずっと、笑わせてくれる。
これもまた、お正月にふさわしい。
これまでのクラッシックコンサートの緊張感とはずいぶん異なる。

アンコールでは、「お正月」も演奏されました。
♪♪かーどまーつ たーてて、かーどごーとにぃ~♪♪
そして、アンコールの最後は、
もちろんアンコールの定番中の定番「ラデッキー行進曲」でした。
客席は、指揮者の指揮のとおりに手拍子!!
まさに、参加型の演奏でした。

バズーカ砲を撃ちまくりやら、なんやらかんやら楽しませていただきました。

出待ちして、サインと握手と、ダンケッシェーンのあいさつをして帰りました。

これで、すべてのお正月行事は完了でございます。

2013年1月 2日 (水)

初詣のハシゴ(^_^)

初詣に出かけた。

名古屋鉄道の1Dayフリー切符を活用してのことである。
名鉄電車の「1日乗り放題」切符である。
以前に書いたことがあるが「放題」の誘惑には大変弱い。
食べ放題、飲み放題はもちろんのこと、遊び放題、言いたい放題、やりたい放題など、
放題には不思議な魅力で溢れている。

そうなると、行先の選定の第一条件は、「家から遠いこと」ということになる。
遠ければ遠いほど「乗り放題」の価値が高くなる。
これを「貧乏人根性」と軽蔑する人もいるかもしれない。
確かにそれは、客観的に言って正しいとも言える。

大阪に7年間ほど行ってたことがある。
大阪の人々は、普通のお買いものでも、値段の交渉をする。
そして、成立したことを「これ、900円でこうてん」などと喜びを伝える。
少しの値切りでも、お買い物を楽しんでいるのである。

「少しでも遠く、できるだけたくさん乗る」というところは、このことと似ているかもしれない。

名鉄沿線で、できるだけ遠く、できるだけ人気のスポットは、西方向で「成田山」のような気がする。
まずは、「成田山」に向かう。
Img_0557
初詣において、かつては「祈願」と勘違いし、「今年こそ宝くじが当選しますように」
などと切実に「祈願」したものである。
しかし、やがての自分の初詣はそうではなくなている。
今は「今日、ここに、こうしていること」に対して感謝をすることだと気付いた。
もちろん、神や、仏が全面的な原因で、こうしているのだとは思っていない。
その気持ちでいることが、爽やかになれることで、そうしているだけである。

次に向かうのは、やはり東の「豊川稲荷」だろう。
Img_0563
さすがに県内有数の初詣ポイントである。
その参拝者の多さに圧倒される。
ここでも「今日ここにあること」を感謝し、門前町の商店街の賑わいをキョロキョロeyeしながら歩いた。

そういえば、今日はコーヒーをしていない。
このまま帰るわけにはいかない。
かと言って、ここ豊川では「運賃のお得感」を損ねる。
ここは、さらに東の果て「豊橋」に行かねばならない。

豊橋で軽食とコーヒーをして、次にどこに向かうか。
「熱田神宮」を思いつくが、これは6日に行く予定になっている。
ふと考える。
確かに、お得感はあるが、あくまでも「感」であり、実益は得られていない。
つまり、もし、普通の切符なら、およそ4000円ほどの運賃であるが、フリー切符では1500円だ。
したがって、2500円ほどの利益となったはずだ。
あくまでも「はず」であって、実益ではない。

すっかり太陽も沈み、夜の帳が降りてきた。
てなわけで、家に向かいました。








2013年1月 1日 (火)

初日の出

20130101なんとも穏やかな元日である。
早朝のウォーキングで、初日の出を拝むことができた。

神々しい輝きは、パワーをくれそうな気がする。

キレイな空気ではあるが、今日は白銀の峰々は観ることができなかった。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます <m(__)m>


« 2012年12月23日 - 2012年12月29日 | トップページ | 2013年1月6日 - 2013年1月12日 »