最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »

2012年9月14日 (金)

ぶどうⅡ

Img_02621今年は、ぶどうに恵まれている。
今度は、「シャインマスカット晴王」である。
デラウエアに始まり
桃太郎(←たぶん)
松本の巨峰
で、これです(^_^)
いずれも、現役を引退した僕にとっては、贅沢すぎる贈り物です♪
テレビタレントではないので、そのおいしさを上手に表現できないのが残念ですhappy01
もちろん種は無く、皮まで食べられます。
今夜は10粒ほどいただきました。
まだ2、3日は、楽しめそうです(^o^)

久しぶりに音楽してみました。

ピアノソナタ第8番ハ短調作品13『大ソナタ悲愴』
      第1楽章 Grave; Allegro di molto e con brio

入力完了(^_^)

2012年9月13日 (木)

今年もビオラ

昨年は、9月10日に種を蒔いたが、今年は10日早く、9月1日に蒔いた。
プチオレンジ120粒
混合 120粒
計240粒くらいです。

Img_02601

昨年はセル蒔きにしたのであるが、土が少ないため、乾燥が激しかった。
ジョロでの水やりができず、噴霧器でたいへん苦労した。
この反省を踏まえて、今年はトレー蒔きとした。
こうすると、土がたくさんあるので、水持ちがよい。
しかも、乾いたら水槽にそのまま浸けてしまえばよいので大変楽ちんである。

この写真では、よくわかりませんが、現在両方で100本弱発芽しております。

さてさて、何本花を咲かせることやら、楽しみであります(^_^)


2012年9月10日 (月)

筆柿の里 幸田町を歩く

豊田市ウォーキング協会の9月例会
      「幸田・筆柿の里とJR新駅 相見駅を訪ねて」に参加した。

市制の変更が著しい中、今でも「額田郡幸田町」として頑張っています。

で、昨今、若者が柿から離れていく中、ここ幸田町は、筆柿がたくさん生産されている。
もちろん日本一の生産量を誇っている。
筆柿は、その形から男性の その、えっと、なにですわ、ち〇〇柿と呼ばれております。
しかし、それでは、なにかと不都合ですので「筆柿」と呼ぼうぜー てなことになったと聞いております。

Img_0245
少し時期が早かったようで、まだまだ出回っておりませんでした。
収穫時期になって、訪れると、あちこちの直売店で買うことができます。
ビールのつまみ「柿の種」はこの柿の種と同じ形です。
幸田の農家は、意匠登録しておけばよかったのにぃ~♪

幸田とくれば「柿」と思いきや、ところがどっこい(←古ぅ~)さにあらず。
梨だのブドウだの、栗だのと、くだものでいっぱい!!
フルーツ王国「幸田」と叫んでも違和感がありません。

Img_0255
栗もほらっ! もうすぐ!!

さー 今年も、「栗きんとん」作るぞぉ~~(←妻が)



« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »