最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年5月27日 - 2012年6月2日 | トップページ | 2012年6月10日 - 2012年6月16日 »

2012年6月 3日 (日)

大野城跡から焼き物と海と空のまち常滑

Img_0114


大野城と言われても「なんじゃ?それ」と思われる方もいると思う。
このことを知るために出かけてみた。

Img_0096

大野海水浴場は「世界最古の海水浴場」だそうです。
どうやって最古かどうか調べたのか、何を証拠に宣言しているのかは不明だが、
とにかく「世界最古なのである」
「それがどうした?」と言われそうなほど、どっちでもよいことかもしれません。
ま、「世界一古い」ってことで、世界一なのだから自慢してよいと思う。

隣の多屋の浜では、
大勢の人々が、大量にアサリを獲っていた。
なんと!この浜のアサリ獲りは、無料である。
いやはや、心もでっかいのである。
(注:上の写真は、そのお隣の多屋海水浴場である)

Img_0103
大野城は、あの「お江」さんが、
佐治さんちの、一成さんのところにお嫁に行ったところです。
ま、いろいろあって、結局のところ
徳川2代将軍秀忠さんのお嫁さんになったのですけどね(^^)

Img_0113_3
いたるところに猫のモニュメントが置かれています。
常滑と猫との関係は、残念ながら知ることができなかった。
もしかして「なめ猫」=「とこなめ」か?
いや、これじゃ あまりにも納得しにくい。
ま、謎としておいておきます(^^)

海辺だから、平坦なウォーキングだろうとと甘くみてはならない。
コース全体に、起伏が激しく、とても厳しかった。
中でも、大野城跡の延々と続く階段、にはほとほと息が切れた。
途中「死ぬか」と思ったが、なんとか生還できた。

しかも、15㎞のショートコースで帰ろうと思ったが、
「ロングコースはこの先でおいしい抹茶のアイスクリームが待っております」と役員さん。
この誘惑の言葉に勝てる人などいるはずがない。
なんと全員の人々がこの甘い誘惑にロングコースを歩くことになる。
いやはや、たかが350円の抹茶アイスクリームの接待で20キロも歩くとは・・・

« 2012年5月27日 - 2012年6月2日 | トップページ | 2012年6月10日 - 2012年6月16日 »