最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« "みよし路を歩こう" | トップページ | 枝下用水緑道を歩く »

2012年6月 3日 (日)

大野城跡から焼き物と海と空のまち常滑

Img_0114


大野城と言われても「なんじゃ?それ」と思われる方もいると思う。
このことを知るために出かけてみた。

Img_0096

大野海水浴場は「世界最古の海水浴場」だそうです。
どうやって最古かどうか調べたのか、何を証拠に宣言しているのかは不明だが、
とにかく「世界最古なのである」
「それがどうした?」と言われそうなほど、どっちでもよいことかもしれません。
ま、「世界一古い」ってことで、世界一なのだから自慢してよいと思う。

隣の多屋の浜では、
大勢の人々が、大量にアサリを獲っていた。
なんと!この浜のアサリ獲りは、無料である。
いやはや、心もでっかいのである。
(注:上の写真は、そのお隣の多屋海水浴場である)

Img_0103
大野城は、あの「お江」さんが、
佐治さんちの、一成さんのところにお嫁に行ったところです。
ま、いろいろあって、結局のところ
徳川2代将軍秀忠さんのお嫁さんになったのですけどね(^^)

Img_0113_3
いたるところに猫のモニュメントが置かれています。
常滑と猫との関係は、残念ながら知ることができなかった。
もしかして「なめ猫」=「とこなめ」か?
いや、これじゃ あまりにも納得しにくい。
ま、謎としておいておきます(^^)

海辺だから、平坦なウォーキングだろうとと甘くみてはならない。
コース全体に、起伏が激しく、とても厳しかった。
中でも、大野城跡の延々と続く階段、にはほとほと息が切れた。
途中「死ぬか」と思ったが、なんとか生還できた。

しかも、15㎞のショートコースで帰ろうと思ったが、
「ロングコースはこの先でおいしい抹茶のアイスクリームが待っております」と役員さん。
この誘惑の言葉に勝てる人などいるはずがない。
なんと全員の人々がこの甘い誘惑にロングコースを歩くことになる。
いやはや、たかが350円の抹茶アイスクリームの接待で20キロも歩くとは・・・

« "みよし路を歩こう" | トップページ | 枝下用水緑道を歩く »

コメント

でかい招き猫ちょいと不気味だすね(笑)
我が湖国のはずれのほうにはでかい狸がおられます
大野・・・このあたり昔さまよった事があったような・・・

pooさん こんにちわ♪
信楽には、でっかい「たぬき」がありました。
小さい狸の夫婦を買ってきました。
大野の海岸は、子供のころ海水浴に来たような気がします。
遠い遠い過去のことです。

セントレアのついでにここ↑
写真のでっかいネコさんに会いに行きましたheart

え??って意外な場所にありますよね~笑

大野城、そうか、そうだったんだ~
前回の大河ドラマは見ていたのでへぇぇぇって気分ですhappy01

ふむふむ(^^)
わかばさん こんばんわ♪
自動車でセントレアに遊びに行けば、立ち寄れますね。
焼き物散歩道って、楽しいですよね。
ウォーキングですと、ゆっくりってわけにはいきませんが、
のんびりと、あちこち冷やかしながら歩くのも楽しいです。
お江さんも、大野海水浴場で泳いだのかなぁ~
ん? 「これこれ何想像してる?」ってか?? あはは(^o^)

このネコ
こわ~~い!
確か
右手(脚)を上げているのは金運で
左手(脚)が商売繁盛
常滑のネコさんは左手だから
お客さんがいっぱい来ますよ~に!って事ですね

でもやっぱり
大きな頭のネコは
こわ~~いcoldsweats02
まさか「化け猫」?

あはは(^o^)
こむぎさん こんにちわ♪
見ようによっては、怖いですね。
そばまで行ったのですが、巨大なのです。
世界一と言っても過言でないくらい巨大なのです。
可愛いを通り過ぎ、怖いでございます。
常滑って楽しいところですよ。
是非歩いてみておくれ(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« "みよし路を歩こう" | トップページ | 枝下用水緑道を歩く »