最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 佐布里池 観梅ウォーク | トップページ | ビオラのその後 »

2012年3月 4日 (日)

伊能忠敬の足跡を辿る

碧海・幡豆ウォーキング協会の10周年記念特別ウォーキングに参加した。

テーマは、「伊能忠敬が歩いた道を辿ろうinあいち」である。

前日の土曜日は、その第一回で、岐阜市から一宮市を歩かなければならなかったが、
あいにくこの日は、卓球教室の卒業式で参加できなかった。

今日は第二回目、一宮市から名古屋市までの24キロメートルである。

天気予報は「夕方から雨」であった。
夕方までには十分ゴールできる距離である。
近頃の天気予報はよく当たってる。エライ!!気象庁さん(^^)
しかーーーし!! お昼にはもう雨がポチポチと降ってきた。
約束がちがうではないか気象庁さんangry
 
てなわけで、途中清州城まで13キロほど歩いて本日のウォーキングを終えた。
ショートコースはここで終わりですが、多くの人々が名古屋城を目指して歩いて行った。
ショートコースもたまには、いいもんだhappy01

Img_41051清州城である。
やがて4月になると、五条川の両岸を桜が華々しく咲き誇る。
今年もそのころに、また来る予定である。

« 佐布里池 観梅ウォーク | トップページ | ビオラのその後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐布里池 観梅ウォーク | トップページ | ビオラのその後 »