最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »

2010年12月 4日 (土)

よみがえれ!愛岐トンネル群

Tone006

国鉄中央西線の廃線を歩いてみた。
NPO法人「愛岐トンネル群保存委員会」の企画によるものである。

この廃線は、その昔若かりし頃信州へ行くときに利用した。
スキーや登山など、夜行の蒸気機関車「木曾○○号」を利用した。
車内の通路や、デッキなど登山の人々などで埋め尽くされていた。
荷物の網棚さえベッドになっている。
汽車に乗るときは、新聞紙は必需品となっていた。
通路に新聞紙を敷いて、寝るのである。
蒸気機関車から豪快に吐く石炭の煙は、容赦なく車内に入り込む。
松本に着くころには、顔はおろか、鼻の穴まで真っ黒になる。
駅に着くと、まずしなければならないことは、洗顔である。(鼻の孔も)
高蔵寺を過ぎると、多治見まで8キロの間に14箇所もトンネルがある。

複線・電化になってから、この線は廃線となった。

この廃線を歩いてみようと再生委員会が立ち上げたのである。
歩いてみなければならない。

定光寺駅を降りると、一段下の道路に下る。
この道は、かって旅館などが立ち並ぶ観光地の道であった。

受付を済まし、急な臨時の階段を上ると、「玉の第三トンネル」である。
もちろん線路は撤去されて、今は枕木さえ無い。
委員会の人々が整備してはいるが、それでも足元はボコボコである。

「玉の第四トンネル」を出ると、もみじの巨木がある。絶景スポットである。

コンサート会場などイベント会場を過ぎると「隠山第一トンネル」である。
このトンネルまでは、100メートル弱であり、仮設の照明設備もある。
「隠山第二トンネル」は333メートルもある。
ローソクの灯火があるが、ほとんど真っ暗な状態で、懐中電灯などが無いと歩きにくい。
これをこさえた人々にただただ感服であり、当時をしのぶことができる。

ここまでが、今回歩くことができた区間である。
このトンネルを出たところに、鉄橋が有ったが、今は撤去されている。
名残の橋台だけが残っている。

とても懐かしいウォーキングであった。

2010年12月 1日 (水)

四季桜と紅葉

Img_2686

友あり、遠方よりきたる。また、楽しからずや。

学生のころの友人が訪ねてきた。
粗相のないように、おもてなしをしなければならぬ。
孔子ならば「酒を酌み交わす」ところであるが、あいにく下戸同志。

さてさて、酒なしでどのようにおもてなしをするか。
季節は、晩秋とはいえ錦織りなす秋である。
ここは、ひとつ秋を堪能していただくより他はない。
下戸とはいえ、「みたらしだんご」や「五平餅」ならご接待にふさわしいはずだ。

豊田市からその周辺には、紅葉の名所が数々ある。
一般に知られている所は、「香嵐渓」であるが、以前案内したことがある。
同じ場所に案内すれば「なーんだ、ここ 前に来たじゃねぇか、他にねぇのかよぉ~」
てなことになりうるので、省略し、次のような企画ができた。

豊田市駅前で、真紅の絨毯を敷き、バラの花びらをまいて到着を待つ。
歓迎のファンファーレでドアを開け、豪華なリムジンは発車する。(トヨタのノアですけど)

豊田市駅から猿投山山麓にある大悲殿に向かう。
ここは、ことさらに名所とは言われていないが、なんとも美しい紅葉である。
ここで「おぉぉぉ!キレイだなぁ~」と感嘆の声を発してもらう。

小原地区の四季桜と紅葉のコラボは、是非堪能していただかなければならない。

豊田市を抜けると、岐阜県土岐市である。
曾木公園は、水に映える紅葉の名所である。
コンパクトではあるが、日本庭園の美を堪能していただく。

愛知県瀬戸市に入ると、まもなく紅葉と滝の名所「岩屋堂」である。
ここまでくるとさすがに、空腹を感ずる。
「みたらし」食うか?
「そうだなぁ~ 食うか」と、五平餅をいただく。
みたらしのつもりが、五平餅に変更になったが、それほど大きな問題ではない。

滝と紅葉を堪能して、一句読むわけでもなく、一路名古屋に向かう。
千種に着くと、お別れにコメダのコーヒーを味わってもらう。
コメダは、この地域では親しまれている喫茶店である。
コメダに入ったらやはり「シュロノワール」を体験していただかなければならない。
4人で一個注文し、四等分して、味わっていただいた。

孔子にならって、「コーヒーを酌み交わした」のだから満足のはずである。

概ね、粗相もなく企画書のとおり推移し、満足して帰っていただきました。
楽しい一日を過ごすことができた。 「またこいよぉ~」

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »