最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »

2010年11月13日 (土)

カキ食べ放題♪

Img_2585
これからカキの季節である。
カキと言えば、やはり浦村である。
日本一と言っても過言ではあるまい。
昨シーズンは、「与吉屋」でしたが、今回は「浜英」に行ってみた。
いずれ劣らぬ「食べ放題」であるが、個人的には「浜英」が好きである。
まさに漁師小屋のようなお店で、とても雰囲気がいい。
制限時間が2時間と、とてもゆとりがある。
食べ放題に付属するセット物(カキフライなど)がとてもグッド!

Img_2599
見よ!カキフライについてくるタルタルの驚くべき分量!
当然残るタルタルは、焼きガキにつけて食べると美味しい(^_^)
グラタンもいけてる。
酢ガキがまた絶妙である。
社長のお父さんが煮たと言われている「佃煮」がまた、デラウマ!
このお父さんがまた、ビール飲みながらいい雰囲気を出している。

Img_2598
平日で、多少ゆとりがあったが、土日となるともっと豪快な焼き風景となる。
醤油、ソース、マヨネーズ、ケチャップなど持参したがさらに、
4人ずれの若い女性が、帰りがけに「これあげましょうか」と
ポン酢、もみじおろし、ネギをいただきました(^O^)
「マヨネーズもあげるぅ~」と言うが、こっちにもあるので
「マヨネーズはあるからいいよ」
「いや、それより、こっちのがずっとおいしいよぉ~ あげるぅ~」
「おんなじだって、こっちもそっちもぉ~ おんなじマヨネーズだってばぁ」
などと言い争いながら、もみじおろしも、ネギも ポン酢もとても嬉しかった。
なにしろ二時間も食べ続けるのである。
味をかえなくては、とても持たない。
次回は忘れないように、持っていこうhappy01

社長のお父さんとも、隣の席のお嬢さん達とも仲良くできる
とても雰囲気のいい、とても楽しいお店でした。
昨日テレビの報道番組で、このお店が中継されていた。
社長が大きく映っていた
「30個くらい食べる人がいますよ、中には50個も食べる人がいます」
などとインタビュに答えていた。
ちなみに今回、二人で100個食べました。
近くで「一個100円」の看板がたくさん見られる。
100個×100円=10,000円 これに 付属のセット
付属のセットだけでも、このあたり町場で1,000円とみても安いくらいだと思われる。
これに対して支払料金は食べ放題が2500円×2人=5000円
十分もと取れたぞぉ~\(^o^)/

Img_2601
カキでおなかが満たされてお伊勢さんに向かう。
お決まりの、おかげ横丁散策。
お決まりの、赤福ぜんざいhappy01
Img_2605
別腹だぁ~happy01

2010年11月 8日 (月)

西尾市の茶畑と八ツ面山

Img_2577
今年は、紅葉が昨年よりも美しいような気がする。
一気に気温が下がったからかもしれない。

昭和歩こう会11月例会「西尾の茶畑と八ツ面山展望台を巡るみち」に参加した。

全国に「小京都」と呼ばれる地がいくつかある。
ここ西尾市も、「三河の小京都」と呼ばれている。

西尾駅から少しあるくと「尚古壮」と呼ばれる京風庭園がある。
行き届いた手入れで、京都のお庭を歩いている感覚になれる。
西尾城の東の丸跡地を利用して作られた庭園と聞く。

尚古壮を抜けると、西尾歴史公園である。
西尾市は日本一の抹茶生産地である。
公園に入るとすぐ、お茶所がある。(冒頭の写真)
庭園の枯山水と紅葉が美しい。
天守閣を仰ぎながら、しばらく歩くと、実相寺である。

Img_2580_2
実相寺は、西尾のお茶の原点と伝わっている。
でっかい松がたくさんある。
ココの紅葉も美しくなっていた。

実相寺のすぐ近くにお茶の「西条園あいや」がある。
もちろん抹茶の試飲ができる。
「結構なお点前です・・・・」などと言わなくてもよい。
上品な和菓子をひとつパクつき、ゴクゴクするだけの試飲である。
もちろん、本格的に点てたお茶である。お茶碗も素晴らしい(たぶん)
こういう所で試飲をしてしまうと、買って帰ることを我慢することができなくなる。
お茶屋さんが入れてくれたお茶である。プロなのである。
美味しくないわけがない。
試飲にもっとも近いと言われた「薄茶 悠山」¥1050円 30グラムを購入。
今日も飲んだが、やはり美味しい(^_^) いい香りdrama

Img_2583
ここから、矢作川の堤防を歩き、八ツ面山に向かう。
標高67メートル程度の山であるが、360度大パノラマの景色を楽しむことができる。
三河湾が見えるのであるが、この日は少し濁っていて望むことができなかった。
おそらく、夜景が美しいであろうことが想像できる。

コースはここから西尾駅まで歩く、12kmである。
よい季節にとても楽しいウォーキングであった。

« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »