最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »

2010年1月26日 (火)

三重大学管弦楽団第46回定期演奏会

Img_1213

うまくして、招待状を手に入れることができた。
二日続けてのクラッシックコンサートである。
前日は小編成のアンサンブルに対して、
この日は、ド迫力のフルオーケストラhappy01

演奏曲目も、割となじみの曲で

①シベリウス 交響詩「フィンランディア」 Op26

②ショパン  ピアノ協奏曲第1番ホ短調0p11

③チャイコフスキー 交響曲第5番ホ短調Op64

前日は緊張して聴いたが、この日は割りとリラックスして楽しめた。
ショパンをやってくれて、ほんとうに嬉しかった。
なにしろショパン生誕200周年ですから

帰りにヴァイオリンの奏者とお話ができて、嬉しかったぁ~\(^o^)/
昨日の
②ハルフォルセン
   ヘンデルの主題によるバッサカリア

       「あっ! これ弾いたことあるぅ~」
                                ですってnoteshappy01

2010年1月25日 (月)

セントレア・ニューイヤー・コンサート

Img_1182

Img_1184

Img_1195

Img_1203

飛行場なのに、クラッシックのコンサートです。
ちゃんと、コンサートホールが存在しているのです。

ライナー・ホーネックさんが言ってました
「飛行機をおりて、そのままコンサートだなんて始めてです。」

少し早めに行って、飛行機をぼんやり眺めていました。
飛行機を見ていると、夢が広がります。
山をぼんやり眺めていると、猛烈に登りたくなる衝動に駆られます。
飛行機もこれに似ていて、とても好きです。

ライナー・ホーネックさんは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターです。
めちゃめちゃ繊細な美しい音を聴かせてくださいました。

三輪 郁さんって聞いたことあるでしょ♪
「のだめカンタービレ」監修をおつとめなさったピアノストさん。

で、鈴木康浩さんは、ヴィオラ。
ドイツ、ベルリンフィルでやってて、今、読売日本交響楽団のソロ首席ヴィオラ奏者。

このお三人で
① モーツアルト
    ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調 K.364

②ハルフォルセン
   ヘンデルの主題によるバッサカリア

③コルンゴルド
   組曲「空騒ぎ」作品11 シェイクスピア劇への付随音楽

④ベートーヴェン
  ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調作品24「春」

⑤ おまけのアンコール
   小品3曲

オーケストラをピアノがやっちゃうのです。
すんごいです♪
ま、とにかく驚くべき美しい演奏です。
ヴィオラが前面に出るコンサートって聴いたことあります?
なかなかいいですよ。

いやはや、とてもよい休日でありました。

Img_1204 Img_1205
空港の中です。
なんや楽しげな街ですhappy01

« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月31日 - 2010年2月6日 »