最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月10日 (木)

吉良三人衆を訪ねて

Img_1872

近頃「義理と人情」って、死語になってると思いませんか。
大和の国に生まれ生きて、大和魂が消えていくのは、なんとも悲しい。
ことさらにココは、勇猛果敢、義理人情の三河武士の国である。
是非、訪ねて歩かなければならない。

「義理と人情」といえば、そうです吉良仁吉です。
偉いですねぇ~ なんも利益のない荒神山の戦い。
仲間の吉五郎が苦戦するだろうと、義理人情で参戦。そして壮絶な死!

吉良仁吉と吉良上野介、そして「人生劇場」の尾崎士郎
このお三人を、吉良三人衆と呼ぶそうだ。

幡豆郡吉良町ってすごいですねぇ~ 偉い人がずらり
三河平定のときも、家康さん、かなりてこずったようですよ。
勇猛果敢な三河武士の、譲らぬ抵抗!

日本市民スポーツ連盟の「吉良三人衆 歴史と文化に出会う径」を歩いた。

御菓子所東角園で受付を済ませる。
受付する間も、目が御菓子に向いて落ち着かない。
しかし、頑張って誘惑に耐える。

店を出て歩き始めると、のっけから尾崎士郎の生誕地である。
Img_1833
門が傾いて、倒れそうである。壊さずにしてほしいものだと思う。
Img_1835
「人生劇場」の青成瓢吉の立志像です。
どこやらの国の独裁者の像ではありません。
Img_1837
仁吉さんのお墓がある源徳寺。
仁吉になってみようとは思いましたが、なにしろ独りですので撮れませんでした。

Img_1841
ここ福泉寺が尾崎さんのお墓ですけど、普通のお墓でした。

Img_1842
吉良上野介は、歌舞伎やら映画やらでは極悪人に描かれている。
しかし、あのお話は「ウケル」ためのお話であり、真相はあやしい。
吉良上野介が悪だったり意地悪だったりすればするほど、「正義」が強くなるのです。
僕が個人的に思うに、彼はたぶん名君だったと思う。
意地悪されたと捉えた方に、「あまえ」があったんではないだろうか。
地位や名誉ではなく、きっちり「求められているものは何か」に特化すべきであったと思う。
ま、証人も証拠も無いから、なんとも言えないところではある。

吉良上野介さんは、領地を巡回するときは、赤馬にまたがって移動したそうだ。
で、この道は、「赤馬の径」と呼ばれている。
快適な遊歩道である。

Img_1844
吉良家の菩提寺、片岡山「華蔵寺 」である。
見事な枯山水の庭園があるらしいが、鑑賞してこなかった。

Img_1846
吉良家の祖先、東条吉良家の菩提寺「花岳寺」である。
ここには、重要文化財の宝物があるそうです。観なかったけど・・・

Img_1850
こんな竹やぶの道を歩く。中世を偲ぶことができる。

Img_1856Img_1857
吉良上野介さんは、領民が洪水で悩んでいるので、
隣国の西尾といろいろあったが、話し合いのもとで一夜にして堤防をこさえた。
今も「黄金堤」として、残されている。桜の時期は素晴らしいと思う。
ほらね、名君でしょ♪

Img_1859
瀬門神社である。
草が生えてしまって、管理不足を感じる。
少し中に行くと、南極大陸に初めて日の丸を立てた「白瀬隊長」のお墓があります。
Img_1862
これがお墓かと思いましたが、これは南極観測船「しらせ」のスクリューです。
白瀬さん、なぜココ吉良にお墓があるのか、ややこしいです。
確か、豊田市にもあるし・・・ 元々秋田県の人だし・・・
ま、いいですけどね(^_^)

Img_1867
宝光院のサザンカです。
古くからあるそうです。でかいです。

少し小高くなったところに、東条城址があります。
冒頭の写真です。
城というより、砦という感じです。
「夏草や つわものどもの 夢のあと」
徳川元康(のちの家康)の総攻撃で落ちはしましたが、
なかなかのツワモノだったようです。
この城が落ちて、三河の全域が家康によって平定された。

Img_1881
この攻撃のときの、元康の陣屋跡地である。
一生懸命往時を偲ぼうと思えば、偲べないこともない。

10キロと短いコースではあるが、名所旧跡が多く、とても楽しいウォーキングであった。
「幡豆郡吉良町」すごいなぁ~ 



2010年6月 9日 (水)

岡崎満喫ウォーク

Img_1831
日本市民スポーツ連盟のイヤーラウンド
      「日本のど真中岡崎のきらり満喫コース」を歩いてみた。

コースは矢作町のスポーツ用品店「フットジョグ」さんで受付をし、
       初夏の矢作川高水敷に作られた遊歩道を北上し、大門水郷公園をチラミ
              →桜並木を歩き→井口公園→大樹寺→伊賀八幡宮→岡崎城
              →八丁味噌→矢作橋を渡って、フットジョグに戻る15㎞である。

Img_1826
初夏の爽やかな川風を受けて、矢作川が気持ちがよい。
正面に、岡崎市民の憩の山「村積山」が見える。

Img_1827
ちょいと休憩してみたくなるような、大門水郷公園である。

Img_1828
鴨田天満宮を左手にみながら、大樹寺に向かう。

Img_1829 Img_18292
山門から、岡崎城が見えます。
徳川家の将軍たちの、位牌がココにあり、いつまでも岡崎城を見守るってことで、
途中に障害になる建造物を作らないように条例で制限しているそうです。
右の写真は左の拡大です。見えるでしょ「岡崎城の天守閣」

冒頭の写真は、この山門です。秋みたいな、紅葉で飾られていました。

Img_1832
大樹寺をあとに、緑道を歩くと、やがて伊賀八幡宮です。
今年もう、3回もきております。
前回葉っぱだけだった、睡蓮にも蕾がつきはじめていました。

ここから、伊賀川を下り、岡崎城の天守閣を見上げながらゴール歩く。
岡崎公園も美しかったが、睡蓮の写真を撮った瞬間「バッテリーを交換・・・」の警告!

八丁味噌を横目でチラミしながら、日吉丸の矢作橋を渡りゴール。
なんだか、15㎞よりも長く感じました。
う~む。。。。あれで、時速5㎞なのかなぁ~・・・
所要時間は休憩時間も入れて3時間半。 う~む・・・・・・・・・

2010年6月 6日 (日)

豊明市の公園巡り

昭和歩こう会の6月例会「豊明市の公園巡り」に参加した。

昨年の6月7日に、同じこの会の例会「豊明史跡散策ウォーク」に参加した。
このコースとは、少しだけ異なるが、概ねよく似たコースである。
昨年、名鉄電車がほぼ同じコースで歩く行事が開催された。
今年もやはり、名鉄電車の歩く行事と重なった。
名鉄電車のウォーキングは、その参加人数の多さに驚かされる。
千人を超える規模の、ウォーキングであろう。

コースは、名鉄前後駅から→中央公園→沓掛城跡公園→新巻水辺公園→唐竹公園
        →中京競馬場→桶狭間古戦場→大蔵池公園→前後駅までの12㎞である。

Img_1816
前後駅を出ると、すぐ東海道である。
この松は、あの徳川家康が植えた松並木の名残の一本である。
徳川家康は、今川さんちにいるとき、ここで織田の信ちゃんに、
こてんぱんにやられちゃうのですが、
やがて、天下をとり、ここにも松を植えたのです。

Img_1822
昨年も、ココ沓掛城址は、お祭であった。
今年も盛大に祭礼が行われていた。
棒の手、和太鼓の演奏、火縄銃の実演など行われていた。
火縄銃は残念ながら、火を噴く前に、ココを去ったため見ることができなかった。

昨年もココで氷菓子いただいたのであるが、今年もきっちり配布された。
暑い日差しの中で、とても気持ちがよい。
細長いビニールの中に赤や青、橙、白色などの甘い氷が入って、チューチューと吸うものである。
かなり歳のいった、集団がそれぞれ思い思いに、チューチューと吸っている。
なかなか心温まる光景ではあるが、「異様な光景」と言えるかもしれない。

桶狭間の古戦場は、物語では崖を馬が駆け下りて、敵をやっつける印象であるが、
今、周囲をみても、そういう地形からかけ離れているような気がする。
どこをどう駆け下りたのか、いつも考えてみる。
そうやって、考えてみることがとても楽しいhappy01

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »