最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 終盤の梅雨 | トップページ | 海の日 »

2010年7月18日 (日)

王滝渓谷と松平郷を訪ねるみち

Img_1991

夏ですsun
梅雨明けです。
紺碧の空。ギラギラの太陽。真っ白な入道雲。

500mlペットボトル飲料を4本もって、いざいざ出陣!

愛知県ウォーキング協会の7月例会「王滝渓谷と松平郷を訪ねる道」に参加した。

Img_1988
コースは、松平コミュニティーセンターから、王滝渓谷駐車場→王滝渓谷→王滝湖→
              高月院・松平郷→松平コミュニティーセンターまでの17㎞である。

豊田市の郊外にある渓谷であるが、これがなかなか厳しいコースであります。
王滝渓谷の駐車場から、高月院まで、力いっぱい上り坂なのである。
梅雨明けのギラギラ太陽のもとで、フラフラになって完歩いたしました。

Img_1996
松平は松平氏親から始まり、徳川家康の父松平広忠および、その関係者の松平一党の発祥の地である。
ここにある松平東照宮には今でも、家康君の「産湯の井戸」がある。

Img_1994
高月院は、松平家の菩提寺である。
徳川家康と言えば「岡崎」と思われている方も多いと思うが、実はここ豊田市が「発祥の地」なのである。
「それがどうした?」と思った方も多いと思いますが。どうもしませんcoldsweats01

由緒ある地なのでありますが、ここがコースの上り坂終点である。
くたびれて、歴史どころではなかったのです。
いやぁ~ いい汗かいたなぁ~(^_^)v

« 終盤の梅雨 | トップページ | 海の日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 終盤の梅雨 | トップページ | 海の日 »