最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« さくら街道を行く | トップページ | 清洲城の桜 »

2010年4月 4日 (日)

東京フィルハーモニー交響楽団

昨日のことである。
桜咲くこの日は、ウォーキングの全国大会ともいえる
名古屋ツーデーウォーク」の第一日目である。
しかしこれは、「ツーデー」であり二日間行われる。
しかも3年連続して参加している。

一方で、東京フィルのコンサートは、まだ参加したこともない。
もちろん「参加」の権利もなければ、演奏もできない。
参加どころか、鑑賞したこともない。
この地域で、毎年開催されるかどうかもわからない。
しかもこのコンサートは、記念公園である。「特別」なのである。
「刈谷市総合文化センター開館記念コンサート」なのである。
是非行かなければならない。
行きたい。

今回は、体育会系(アウトドア系)から文科系に浸ることにする。
で、ウォーキングは日曜日だけにしておいて、刈谷市に向かう。

久しぶりに刈谷に来た。
驚くべき変化である。
駅からホールまで、巨大なペデストリアンデッキで繋がっているのです。
ここに行く時間を計算して、家を出た。
しかしこの豪華施設で、計算よりも早く到着してしまった。

早く到着してビルの中に入ると、「ん? いい音だぁ~~♪」
なんとビバルディー「四季」が聴こえてくる。
間違いなく「生演奏」の音だ。
音楽ファンとして、「生」か「録音」かはわかる。
ロビーを見ると、女性4人のクワルテットが演奏していたのである。
「ラッキーっhappy01こいつぁ~ 春から縁起がいいやぁ~~note

開演に相応しく、ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲で始まる。

錦織 健さんが現れ、
ドニゼティ:歌劇「愛は妙薬」から”人知れぬ涙”が歌われる。
真新しいホールにテノールが響き渡る。
続いて、高橋薫子さんと”そよ風に聞けば”
テノールにソプラノ♪ なんとも美しい

プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」、「トスカ」
ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」
と続き
アンコールは「カルメン」
お二人の声が、鋭く心地よく響き渡る。
「僕も頑張れば、歌えるのかなぁ~」

第二部は、チャイコフスキー:交響曲第5番

ちょっぴり高貴な気分を堪能したひと時でしたhappy01

« さくら街道を行く | トップページ | 清洲城の桜 »

コメント

ウォーキングもいいけど、たまには生音楽もいいですね
ヴィバルディの「四季」は、春かな?
アリアも ポピュラーなもので分かりやすかったしょ?

私、合唱の伴奏を頼まれて最近はピアノと仲良しですhappy01
錦織さん いい声してるから聞きたかったなあ。
「頑張れば 歌える?」   やってみたら?smile

音楽はいいですねぇ~note
「四季」です。「春」です。
ぴったりです。
こんばんわ そのさん♪
ついつい他人の演奏を聴いていると、
「自分にもできるんじゃねぇのかなぁ~」
などと思い込んでしまうのです。
ピアノだって、ちょこっと弾けるようになっちゃったし
テノールだって、頑張れば・・・・
できませんよね あはは(^O^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さくら街道を行く | トップページ | 清洲城の桜 »