最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

2009年12月23日 (水)

クリスマスイルミネーション

Img_1025
今、いたるところにクリスマスの電飾が見られる。
ココは豊明市である。
「豊明にすっげイルミネーションがあるよ」
「すっげんだからぁ~」

人の噂や口コミで行ってみた。
個人の民家としては、別格の電飾である。
人々は、このイルミネーションを見て、「おぉぉぉ~」と雄たけびをあげる。
もちろん僕も「なんじゃぁ~こりゃぁ~~!」と叫んだ。
はんぱねぇ 飾りである。
構図的にも色彩的にもとても美しい。まさに光の芸術である。

明日はもうクリスマスイブxmas今年もあと僅かとなりました。
って、どってことないですけどねhappy01

Img_1014

img title=
めりくりぃ~~ヽ(^o^)丿

2009年12月21日 (月)

井の頭公園

Img_1048
リハビリに適当なコースはないかと、考えているうちにココが浮かび上がった。
「井の頭公園」である。 (カッコよぐね?)
三鷹、吉祥寺あたりは、テレビなど文字や音声では聞いたことがある。
しかし白状すると、そういうカッコよさそうな所には行ったことがない。
これを機会に是非歩いてみたくなり上京してみた。

Img_1026 Img_1028
中央本線と言えば、諏訪、茅野、小淵沢などが浮かぶ。
そうです我が愛すべき八ヶ岳周辺を走る線である。
これが、なんと!こんなおシャレな都会を走っているのである。

三鷹の駅を降りると、 いきなりサンタクロースに遭遇した。
本物のサンタクロースである。たぶん・・・、外国人だから・・・
サンタさんが現れると、駅の人だかりから、大きな拍手が沸き起こった。

駅から見下ろす街並は、まことにもってお洒落である。
こんな街で、やがて来るイブを過ごしたいものである。
真っ白な雪が降れば、この上ない演出であろう。

Img_1034 Img_1033
駅からすぐ玉川上水跡が続く。
「風の散歩道」である。(カッコいいぃ~っ!)
あの太宰さんが、山崎さんと入水自殺した玉川上水です。
太宰さんを偲ぶ無名碑「玉鹿石」が、静かに置かれていた。

Img_1037
少し歩くと、山本有三記念館がある。
「路傍の石」など読んだことがある。
立ち寄ってみるべきであると思い、散策してみた。
Img_1040_2
冬の庭は、ココが大都会「東京」だとは思えないほど、静かであった。
空は紺碧で、小鳥たちがたくさん集まって遊んでいた。

それにしても、太宰治だの山本有三だの、この街はなにやら文学の香りが漂っていた。

Img_1045 Img_1055
山本有三とお別れすると、間もなく「井の頭公園」である。
広い! 動物園まである。
あの有名な象の花子さんも、元気に遊んでおられました。

Img_1056 Img_1077
冬枯れとは言え、名残のイチョウが美しい。
ココが「トーキョー」であることを忘れさせてくれる。

Img_1095
動物園を出て、道路の反対側にある大きな池を歩く。
適当に高低差があり、リハビリに相応しい。

ちょっとした坂を上ると、そこには「焼き鳥屋」がある。
おいしそうな匂いである。
この匂いで誘惑に勝てる人は、まずいないはずだ。たぶん。
「ツクネ」を片手に賑わう道を、さらに市街地へ向かう。

Img_1098
Img_1097
吉祥寺の駅は、イルミネーションでクリスマスを盛り上げていた。
ふと、こんな看板が目に付いた。「吉祥寺ロール」
写真付きの看板である。
「限定」の文字も見られる。
これを見逃すと、日本はおろか、世界中探しても食べることができない。
てなわけで、おいしかったぁ~ヽ(^o^)丿

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »