最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

2009年9月26日 (土)

椛の湖と蕎麦畑

Img_0743
新聞に蕎麦の花の写真が出ていた。
これが行かずに、いらりょうか。
蕎麦は、味も、香りも解らないが、好物である。
蕎麦といえば、信州。
中でも木曽路の蕎麦がうまい。
南木曽の蕎麦道場、目覚めの床、開田高原、塩尻、松本、安曇野・・・
それぞれに、蕎麦の名所である。自慢してよい。
ここ、坂下も今でこそ岐阜県中津川市であるが、
ほんのちょい前までは、堂々と信州、長野県、南信、木曽地方であった。
これで、中津川も蕎麦の名所を手に入れたのである。

さすがに朝夕は寒い。
秋用のライダースーツを着てこなかったことが悔やまれる。
ウインドウブレーカーを着て、寒さをしのぐ。

Img_0727
椛の湖である。
環境庁の看板が立っているが、水も周りも汚い!
中津川市さん! 折角長野県にいただいた景色。キレイにしましょうよ♪

少しがっかりしながら、蕎麦畑に向かう。
Img_0728
駐車場へ到着するすべての車から、「わぁ~~」の歓声があがる。
駐車場へ着くと、いきなりこの景色である。
思わず「おぉぉぉぉぉ」とうめく。

Img_0736
Img_0747
蕎麦を食べても、よく解らない味や香りであるが、
花についても、なんだか解りにくい形状であし、香りもよくわからない。
全体にみると、たいへん美しい。 その点は「ざるそば」に似ている。
そばが言っているかもしれない。
    「細かいところを見てんじゃねぇ~
         食ってうまけりゃええだろ  見てきれいならええだろ」

Img_0749
こんな看板がある。
「椛の湖農業小学校」と書かれている。
確かに 私立小学校ではあるが、文部省の「学校教育法」における小学校ではないようです。
小学校児童の体験農場のようなことをしているようです。

Img_0759
Img_0760
山と雲と、花の絨毯を堪能できた一日であった。
もちろん、道の駅「きらり坂下」でそばを食べたことは言うまでもない。
以前にも来た事がある。 そばがたいへん美味しい。
僕は「ころ」を注文いたしました。
やはり、「そばの味 そばの香り、こし」は僕には、わかんなかったぁ~~
でも ココの蕎麦おいしいですhappy01
 

   

2009年9月23日 (水)

知多再び

敬老の日のことである。
いつも、一人でウォーキングに出かけている。
この日は、協会の行事は無い。
妻も、暇しているようである。
またとない妻への胡麻摺りの機会である。
「伊賀の里に忍術の修行にでも行かないかい」
「そうだねぇ~ いいねぇ~ ついて行ってあげるわ」
言葉尻にやや違和感を感じるが、
そこはそれ、  小さいことは気にするなっ
             それ わかちこわかちこぉ~~happy01

折りしも、高速道路は乗り放題1,000円
「放題」に弱い僕らは、さっそく高速道路でお出かけぇ~\(^o^)/

ところが、乗ってしばらくすると渋滞情報
   「この先鈴鹿19キロ渋滞」
高速道路での渋滞は悲しい。帰りはもっと渋滞するはずである。
脇道も無いし、Uターンもできないし、コーヒーもできない。
サービスエリアは超満員。
「降りようか・・・」
「そうねぇ~ わたし忍者にならなくてもいいから、降りよう」

名古屋港で降りる。
ブルーボネットに寄ってみたが、まだ開いていなかった。
「んじゃ、知多ビーチランドにでも行ってみる?」

てなぐあいで、知多半島に向かって走る。
僕にとって知多は、二日前に歩いたばかりである。
しかし、自分だけ楽しむわけにはいかない。
夫婦は互いに、楽しみを分かち合わなければならない。

先日お弁当を食べた場所「多賀神社」に立ち寄る。

先日、立ち寄った「盛田味の館」にも立ち寄る。
今日はゆっくり、「盛田の味噌」がたっぷりかかった「みそおでん」をいただく。
チョー低価格ではあるが、チョーおいしい。
さすが、SONY 太っ腹!
妻は、ほんのちょっぴりお酒の試飲をしていた。
「ついてきてもらって良かったなぁ~」と思う一瞬である。

Img_0696
妻にも、知多四国八十八ヶ所がどのようなものか知っていただかなくてはならない。
そこで、代表的なお寺さん「野間大坊」に立ち寄った。
このお寺には、八十八ヶ所すべて一気にお参りができる参道がある。
ココを歩いて参ろうhappy01

お昼になったが、海沿いの道の食堂は、どこもここも行列のできる超満員。
師崎の港へは、渋滞で行けない。
しかし、あきらめる訳にはいかない。「主人」としての威厳に関わる。
なんとか、つり宿に駐車場を見つけ、待ちを覚悟で入る。

Img_0697 Img_0698
Img_0699 Img_0700
Img_0701 Img_0702 
Img_0703 Img_0704
上から、ヒラメ、トコロ天
サザエ、白身魚のナベ物
イワガキ、アジ
クルマエビの塩焼き、天ぷら、コーヒーゼリー

昼食としてこれだけ食べれば、「主人」として合格のような気がする。
またしばらくは、妻に気兼ねなく気楽に「お一人様」でお出かけできるはずである。Img_0705
食べた後は、海辺の散歩である。
日間賀島がすぐ近くに見える。

Img_0711 Img_0716
すっかり日が暮れた、刈谷のハイウエイオアシスである。
もちろん、一般道から入ったのである。
餅をワッフルの型で焼いた、モッフルなるものを体験することができた。

オアシスは大混雑であった。
忍者の修行を諦めたのは、正しい判断であったと満足できた。

2009年9月20日 (日)

愛知県民の森と鳳来峡

Img_0680
透明なコバルトの空に、山の稜線がくっきりと美しい。

愛知県ウォーキング協会の9月例会「愛知県民の森から鳳来峡を湯谷へ」に参加した。

こんな気持ちよい天気にウォーキングができるのは、ほんとにラッキーである。

コースは、国鉄「三河槙原駅」から、愛知県民の森に入り、「モリトピア愛知」→
                明治百年記念広場→風穴→モリトピア愛知→湯谷温泉
                                       までの11㎞である。

Img_0681
Img_0684
愛知県民の森は、嘗て登山をしてたころ、宇連山の登山口として歩いたことがある。
注意を払って歩いてみたが、ついに登山口を見つけることができなかった。
マイナスイオンのシャワーをいっぱいに浴びながら歩く。
途中、サークルピクニックと書かれた看板がある。
なんだか、懐かしい響きではありませんか。「ピクニック」
ピクニックとハイキング、ウォーキング、トレッキング・・・
これらの違いはわかりにくい。たぶん定義されていないと思う。
ピクニックは、おむすび、玉子焼き、果物などを持って歩く、お弁当が主役のイメージが強い。
BBQなどのデイキャンプもピクニックの分類に入るような気がする。
あの有名な「サウンドオブミュージック」の草原のシーンもピクニックかもしれない。

Img_0689
Img_0693
澄み切った青空に、清流。
まさに山紫水明。いやぁ~ 癒されます。

Img_0695
この宇連川沿いに歩くとやがて、湯谷温泉である。
この温泉は、宿泊代金を自分で決めて支払うホテルで有名な温泉街である。
お勘定のとき、お客様が代金を決めるのですよ。
なんだか、お互いに信頼関係のような絆が芽生えていいですよね。

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »