最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

2009年6月 7日 (日)

豊明史跡

Img_0267

昭和歩こう会の「豊明史跡散策ウォーク」に参加した。

尾張地方も戦国時代を偲ぶウォークが続いたが、この地域も生々しく偲ぶことができる。
日本の歴史に大きく影響した、「桶狭間の戦」に関わる地域である。

コースは、名鉄前後駅から、仙人塚(戦人塚)→三崎水辺公園→豊明文化会館
            沓掛城址公園→二村山→濁池→姥子山中央公園から
               愛知用水緑道を通って、中京競馬場駅までの12㎞である。

冒頭の写真は「戦人塚」である。
桶狭間の合戦の慰霊碑である。
地名は「仙人塚」である。
おびただしい今川さんの人々がここで供養されている。

Img_0268
三崎水辺公園では、菖蒲の花が見事に咲いていた。
ギラギラの太陽であるが、木陰に入ると、ひんやりとした風が吹いている。

Img_0273
Img_0275
沓掛城址は、今川さんの基地として使われていたようです。
今日は「桶狭間古戦場まつり」が盛大に行われていた。
汗をかきながら、ここに到着すると、アイスのふるまいがあった。
直径が2センチほどで、長さが25センチくらいの透明な袋に入ったアイスである。
中央部がなぜか、くびれたものである。
正式名称を知らないが、記憶では「チューチューアイス」と呼んでたかもしれない。
これを一本もって、会場を歩く。
冷たくて心地よい。

会場では、「棒の手」の演舞が行われていた。
和太鼓演奏の準備もされていた。

Img_0281
Img_0282
日本で本格的に鉄砲を使ったのは、この地で大勝利をつかんだ織田の信ちゃんである。
桶狭間の戦いでは、雨で鉄砲は使用されなかったはずである。
しかも、この時はまだ、鉄砲は本格的に使用してない。
だが、戦国時代を演出するには、やはり「火縄銃」である。
下の写真が、ピントはずれになっているのは、その爆発により、
                   激しく手ぶれしてしまったのであるbomb
ドッカーーーーーン!!
びっくりしたなぁ~ もーーーっ!

二村山は、以前にも二回訪れている。
あの源頼朝がこの地で詠んだ歌

         「よそに見しを さゝが上の白露を たもとにかくる 二村の山」                                 

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »