最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009年3月28日 (土)

知多四国巡拝ウォーク上ゲ駅から河和駅まで

P1000001
 豊田ウォーキング協会の「知多四国八十八ヶ所巡拝ウォーキング」に参加した。
名鉄「上ゲ」駅から、22番、23番、24番、25番、葦航寺、時志観音、26番から
                               「河和駅」までの16kmである。
 上の写真は、時志観音の桜である。カメラはケータイmobilephoneである。
堂々と言う「ケータイカメラぁ~\(^o^)/」
今日はメモリや、カメラを忘れたわけではない。
 実は、普段持って歩いているカメラは、妻のものなのです。
CanonのIXYなのであるが、なかなか優れものであるため、お借りして持って歩いているのである。
「今日は、私がカメラ持って行くからねぇ~」と、奈良に行ってしまったのである。
妻のものだから「僕が使うから駄目ぇ~」などとは、言えないのである。
「そりゃ、おまえのカメラだから、遠慮なく持ってお行きhappy01」と、顔で笑って、心で泣いて・・・

 この写真「時志観音」は、小高い丘の上にあり、三河湾が一望できる。
桜も八分ほど咲いている。
このお寺の下には、「大砲巻」の直売店がある。
毎年、ココに立ち寄り、休憩している。
「大砲巻」は、漉し餡をカステラの生地で、「あんまき」のように巻いたものである。
「あんまき」は按摩機ではなく、餡を巻いた饅頭のようなものである。
この店に入ると、幹事が事前に連絡してあったらしく、桜湯と「大砲巻」が用意してある。
桜湯と大砲巻がかもし出すハーモニーは絶妙であり、買って帰らずにいられない。
40人もの団体のほぼ、全員が買って帰る。もちろん僕もぉ~happy01
お茶(桜湯)のお代わりや、「大砲巻」のお代わりまで、どんどん運ばれてくる。
お弁当を、少し控えておくべきであった。

2009年3月22日 (日)

刈谷の鉄塔

Img_1499
 なごや金鯱歩こう会の3月例会「依佐美送信記念館と亀城公園」に参加した。

 先週あたりから、一貫して「日曜日は雨」の予報で、今朝も朝から本降りの雨。
雨だと、普通一般的には「まぁ 雨だから今日はやめとこう」となる。
しかし、考え直さなければならない。
傘や雨合羽などの雨具は、雨の日のために発明された、人類の智慧なのである。
雨の時は、歩きにくいし、濡れるから、そういう雨具が存在しているのである。
したがって、やめるなど、とんでもないことである。
是非参加しなければならない。
こうして、朝から雨合羽を着てお出かけぇ~run

 コースは、刈谷駅から野田八幡宮→南部生涯教育センター→ミササガパーク
                       →亀城公園→刈谷駅までの13kmである。

Img_1500_3   
集合場所まで来ると、雨はおろか、風まで強くなってきた。
覚悟の上とは言え、気になる。

 野田八幡宮は、比較的大きな神社ではあるが、なんでもない普通にある地域の神社であるようだ。先週行った津の結城神社は、結城宗広にまつわる神社であるが、ココにはそういうフューチャーされたものが無いらしい。
しかし、雨の神社もなんだか落ち着いていてよい。桜も咲き始めている。

 本日のウォーキングのメインテーマは「依佐美送信記念館」である。

 残念ながら、このブログは科学や、物理、電気工学などのページではない。
したがって、詳しくは説明しないが、とにかく科学的、技術的、工学的など、世界的にも、すんごい装置である。
上の鉄塔の写真は、かって250メートルの高さを誇っていたものを、高さ25メートルにして保存されているのである。
子供の頃から、これを見ると「あぁ、刈谷だぁ~~」と思うほど親しんできた景色である。
 今では、記念館に当時のでっかい高周波発電機や、でっかいコイル、でっかいコンデンサーなどが見られる。なんだか懐かしい気分になれないこともない。

 Img_1505
ミササガパークについても、詳しくは知らないのだが、普通の広大な公園である。
地域では、芝桜で少し有名らしい。
雨がやみ、烈風のなかでriceball楽しい楽しい昼食であるapple
桜もこんなに咲いている。
この桜(上の写真)は、来週までもたないだろうなぁ~

Img_1508_2
亀城公園のソメイヨシノ(多分)も、もう咲き始めていた。
この桜は、来週は見頃であろう

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »