最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

2009年3月10日 (火)

平城京を訪ねて

Img_1407 Img_1419
 豊田ウォーキング協会「世界遺産平城京から大和郡山城址」に参加した。

コースは、平城京を堪能し、朱雀門を後に→唐招提寺→薬師寺→郡山城址
                              までの、10㎞である。
 距離は10㎞と、たいへん短いが、平城京や、薬師寺を堪能して歩くので、存外歩いたような気がいたします。

Img_1411 Img_1412
 奈良県にも単身赴任で、住んでいたことがあるが、ここを訪れたのは初めてのことである。
一般に多くの人々が、修学旅行などで来たことがあるかもしれない。しかし僕の修学旅行は京都奈良ではなかった。
来るまでは、お土産屋の並んだ、賑々しい観光地のイメージだった。いや、あんまりイメージして来なかったと言った方が正しい。期待していなかったのである。

 まさかココがあの奈良市の中央部に位置しているとは、とても思えない。見渡す限り原っぱである。湿原状になっているところもある。奈良時代の生物がそのまま生きていそうな懐かしい風景である。懐かしいと言っても、僕は奈良時代に育ったわけではありません。
何故か、子供の頃遊んだそんな風景のような気がする。

 冒頭の写真は二枚とも、朱雀門が写っている。見えないほど、遠くに見えるのである。
このあたりの人々には、素晴らしい散歩コースがあり、うらやましく思う。

 東院庭園の池に映る建物が美しい。梅も咲いている。

Img_1423 Img_1421
朱雀門である。多分きっと青龍門、白虎門、玄武門もあったにちがいない。
そうです四神と呼ばれる中国神話に出てくる、東南西北を守る神のことです。
朱雀は南の守りである。四神相応、理想的な地形なのです。風水です。

Img_1425
 唐招提寺である。鑑真和尚にお会いしたかったが、出口、入り口からちょいと眺めるだけにしておきました。合掌・・・

Img_1429
薬師寺あたりに来ると、こうした土塀が見られる。
歴史を感じる土塀に垂れ下がる、枝垂れ梅が美しい。
Img_1435
玄奘三蔵院伽藍と背後に、大唐西域壁画殿である。
壁画は、三蔵さんが孫悟空を連れて、ヒマラヤを越えた、あのヒマラヤの雪山たち。
灼熱地獄のタクラマカン砂漠などが、描かれていた。(ような気がする)
薬師寺には、生駒市に単身赴任しているとき、時々訪ねては、お写経をしました。
いえ、懺悔ではありませんよ。猛烈企業戦士の心の癒しですなhappy01
ココの僧侶の法話は、楽しく聞けますよ。「吉本の本店」、み た い なぁ~~
もちろん今回も、ありがたく聞かせていただきましたよ 合掌・・・
Img_1444 Img_1447
左が1300年も前に立てられた三重の塔「東塔」である。
よくも1300年も壊れずにたっているものだ。
僕んちまだ、30年を越えたくらいです。
近代技術の建築物ですから、まだまだ1270年は十分もちますよね (^_^)v
お隣の、西塔は昭和56年に復元されたものです。
そうです。若い頃来た時は、たしか工事中かもしくはその前だったと思う。

Img_1454 Img_1455
薬師寺を後に、大和郡山へ向けて歩く。
お城の入り口には、よく手入れされたまるで盆栽のような梅が、ありました。
日本庭園もさすがに古都、美しい。

Img_1456
城跡からの風景である。遠くに若草山が見える。
なんだかこの日、あちこちから、若草山や生駒山が見えた。
あの頃の、お写経が今日こうして、楽しく過ごせているのかもねhappy01

2009年3月 9日 (月)

フグづくし再び

Img_1374 Img_1368

 先週のことである。

 11月に続いて、今シーズン二度目のフグづくしである。
格別にフグが好きだと言うわけではない。
白状すると、フグもカワハギも識別できないのである。
味覚音痴グルメである。
では、なぜ1シーズンに、二度も行くのか疑問に思う方もいるかもしれない。
「おまえ、幹事になって、フグ食う会を企画しろ」ってことになったからです。
幹事の特権で「カワハギを食う会」に変えてもよい。
しかし、「フグ」と「カワハギ」では、響きに明白に重みがちがう。
そんなわけで、フグづくしを堪能いたしてまいりました。

写真左の、左の皿は、フグづくしだから、フグだと思った方がいるかもしれない。
ちがいます。タコです。日間賀島名物のユデダコです。
柔らかく、塩加減が抜群のゆでダコです。んめぇ~\(^o^)/

 写真右は、魚市場です。もちろんとらふぐもいるのですが、少ないです。
フグのほとんどが、山口県へ行ってしまうそうです。

  あ、はい 平城京は、また、そのうち、明日、いや ま 近日に報告いたします。

« 2009年2月22日 - 2009年2月28日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »