最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 郷土英傑行列 名古屋の街を練り歩く | トップページ | 大当たり(^_^)v »

2009年10月 5日 (月)

美濃の国岩村城下町散策と日本一の農村風景を歩く

Img_0834 碧海・幡豆ウォーキング協会の10月例会「日本一の農村風景と岩村秋祭りを訪ねて」に参加した。

 コースは、岩村城下町を自由散策したあと、岩村城址→日本一の農村風景を堪能し→岩村城下町に戻る13キロメートルである。

朝からピッカピカsunピーカンの秋晴れである。
シュウメイギクが美しい。

岩村城は、女城主ゆかり城とされているが、どうやら、織田信長の叔母さんお直の方が、信長の五男・御坊丸を城主にしていたが、お直の方が城を守ったということで、女城主と呼ばれるようになったらしい。 が、よくわかんないです。
森蘭丸さんも城主だったとのこと。
城は、標高717メートルの山頂にあります。日本一高い位置の山城なんだそうです。
岩村ってすごいです。日本一が二つもあります(^_^)
この城下町の散策は、ほのぼのとしてとても楽しいです。

Img_0804_2 Img_0806
ちょいと縮小しすぎで、よくわかんないと思われますが、古い城下町の風情が残っています。
右の写真は高札場です。
領主が決めた法度や掟書などを木の板札に書いて掲示する場所です。

Img_0807 Img_0813
左の写真は、鉄砲鍛冶の加納さんちの工場。
右は、造り酒屋 岩村醸造さんの酒蔵。
ここで帰りに、お酒と、甘酒を買いました bottle

Img_0815 Img_0817
左の写真は、松浦軒のカステーラです。
ここのカステラは、たいへん美味しいです。
お祭りで、観光客が観光バスで押し寄せます。
すぐ売れ切れになってしまいそうでしたので、祭の前に買っておきました。
ウォーキングに持って歩くと、つぶれてしまうので、お店に預けておきました。
お店の方、とても親切です。
やがて岩村秋祭りの「みこし渡御行列」がやってきました。
優雅な歴史ある神々しい行列であります。
パレードなどと、横文字では読みたくありません。「ぎょーれつ」ですhappy01

Img_0824 Img_0826

古式ゆかしい行列を堪能して、いよいよウォーキングの開始です。

Img_0842 Img_0846
標高717mまで、汗をかきながら登りました。
堂々たる石垣です。
さすが、山頂である。ここでのお弁当は寒いくらいでした。
そうそう、お弁当の時、協会の方から、五平餅をいただきました。
ごちそうさまでした(^_^)v

Img_0856
日本一の農村風景である。
ここは、どの季節にきても、なるほど「農村風景」だなぁ~ と思う。

Img_0864

岩村の美味しいもの
   かんから餅  いただきました(^_^)v
   カステーラ   買って帰りましたし、お店でつまみ食いもしました
   五平餅     協会からのプレゼントでいただきました
   菊ごぼう    おいしそうでしたが、見るだけにしておきました。
   栗きんとん  製造過程でできる「オコゲ」をたくさんいただきました(^_^)v
   清酒      甘酒を試飲して、お酒と甘酒を買って帰りましたhappy01

スタッフのみなさん ありがとう (^O^)

« 郷土英傑行列 名古屋の街を練り歩く | トップページ | 大当たり(^_^)v »

コメント

くりきんと~~ん~~!
大好き~~lovely
オコゲってことは
その栗きんとんってお正月のきんとん?
岐阜中津川とかの栗きんとんじゃない方のきんとん?(ややこしい・・)

なんかさぁ~
遠さんの部屋覗くと
ウォーキングの話より 食べ物の方に話が行っちゃうわ

有名なのはやはり、中津川の川上屋でしょう♪
知名度は低いかも知れぬが、ここのくりきんとんも絶妙であります。
目の前でくりきんとん こさえてるのですよ。
で、なべ底にこびりついたオコゲ。
これがまた、んめぇ~~\(^o^)/
もちろん丹波笹山の栗も、おいしいけどね
こむぎさん こんばんわ

昨日は名古屋の街歩き、日曜日は、由緒あるお渡りのギョーレツ。

週末は予定でいっぱいとはこのようなウォーキングの行事が多くていいですね。

それも、距離と言い、目的地と言い、美味いもん見付けといい、羨ましいことばかりです。

わが町では、チャレンジウォークがあるのですが、コースは毎年同じ、もう魅力がなくなっています。

主催者側の、発案の新鮮さ。
いいですね。
五平餅がやっぱり出てきたぁ!

古い町並みも、農村風景も素晴らしいです。

あははhappy01
そうですね。anikobeさんnote
特別にお祭が好きなわけでもないけど、
「お祭り」ってやっぱ 楽しいです。
ウォーキングのスタッフは大変だと思います。
名所、旧跡、風景のことや、トイレの有無、歩道の適否・・・・
もう、いろんなことを計画に織り込んで、大勢を案内するのです。
いやはや、ホントに感謝感謝であります。
僕は、ただついて歩くだけぇ~\(^o^)/
遠くの旅行も、魅力がありますが、
近くの散策も、歩くたびに新発見があり楽しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 郷土英傑行列 名古屋の街を練り歩く | トップページ | 大当たり(^_^)v »