最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 天空の楽園 ヘブンスそのはら | トップページ | 蔵王山登山 »

2009年9月 6日 (日)

近江八幡歴史散策

1
碧海幡豆ウォーキング協会の9月例会「近江商人発祥の地を歩く」に参加した。

メインは八幡山の登山である。
9月とは言え、猛烈な暑さである。
登山から遠ざかっているので、標高271mはかなり自信がない。
歩いて登らずに、文明が与えてくれたケーブルカーがあるではないか。

誘惑に後ろ髪を引かれながら、登山道を歩き始める。

コースは、近江八幡駅がスタートで 八幡山山頂周遊→日牟礼八幡宮→
                       八幡堀→近江八幡駅までの13㎞である。

Img_0589
ココなんでしたか忘れました。休憩ポイントです。

Img_0597
登山道を歩き始めると、豊臣秀次さんが迎えてくれる。
秀次さんの時代は、まだケーブルカーなど無かったはずです。
八幡山城にお住まいの、秀次さんおよびその一族たちは、毎日のように登山をなさっていたはずです。
ケーブルカーに乗りたいだなんて、とんでもないことです。
ましてや、観光です。 是非歩かなければなりません。

Img_0598
この写真が撮れたってことは、ケーブルカーに乗らなかった証拠となるはずですcoldsweats01
紺碧の空に、夏の日差しが暑い。

Img_0600
山頂近くにある「村雲御所瑞龍寺」である。
お寺です。

ここから少し登ると、八幡山城址がある。
西の丸からの景色は絶景である。(冒頭の写真)

景色を堪能し、お弁当を堪能し、後ろ髪引かれながら下山する。

Img_0607
下山すると、そこは日牟礼八幡宮である。
たくさんの参拝者がいる。
バウムクーヘンの美味しいという有名な店がある。

Img_0609 Img_0612 Img_0614
八幡堀を歩く。
水が汚れているのが残念である。
しかし一生懸命、浄化しようとしている努力が嬉しい。

Img_0616
親鸞聖人にご挨拶。

途中、メンタムのメレル関連の建物群を見ながら近江八幡駅に向かう。

« 天空の楽園 ヘブンスそのはら | トップページ | 蔵王山登山 »

コメント

村雲御所瑞龍寺へは、ケーブルで登りました。
かなり高いですね。
さすが、歩け歩けの会員さん。

ご立派!

意外と楽に登れてしまいますよ。
anikobeさん こんばんわ♪
歩きやすいし、見た目ほど急勾配ではないし
ついつい頑張ってしまいました(^_^)v
来週もまたまた里山登山です。
ストックを二本持って歩こうかな

あのさ
この上のコメント
ウチによく来るコメント系列にたいやわ
その都度 名前は違うけれど・・
禁止してもお願いしても 聞いてもらえない部類
認証コード わざわざ打って入れてくるんだもんね
めちゃ腹立つ!
結局ウチの部屋は コメント承認制になっちまったよ

う~む・・・
どうやっても、だめだ!
人にとって害ある生き物もいれば、素晴らしい生き物もいるってことで、あきらめるさhappy01
みんな含めて、地球の生き物さ♪
こむぎさん こんばんわ(^_^)

わっ!
めちゃ
寛容な精神構造!

だって、こむぎさん
どうしょもないっしょsign03
どしょもないことに抵抗するくらいなら
寝てたほうがよいではありませんかsleepydown

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天空の楽園 ヘブンスそのはら | トップページ | 蔵王山登山 »