最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008年3月15日 (土)

ポタ巡拝常滑方面

Img_0040

 昨日荒れた天気から、一気に雲ひとつない春の朝だった。この日はまだ、ウォーキングか、自転車か、バイクにするか決めていなかった。外を見ると驚くべききれいな空だ。こんな日は「自転車ぁ~happy01」とポタリングに決定。行き先は常滑方面の弘法さん巡拝♪
エアチェックよしっ! ブレーキ調整よしっ! いざいざ出発~つbicycle

 走りだすと、あちこちから春の香り。菜の花、沈丁花、梅・・・・もう後戻りしないだろう春を感じる。
Img_0030
Img_0031
 たくさんの花たちが、一斉に咲き始めていた。
知立から、刈谷、東浦へと走る。風を受け、環境に優しい乗り物ではあるが、とても暑い。
Img_0032 Img_0035

Img_0036  Img_0037
 知多市に入ると、梅のキレイな公園があった。そこから流れる哀愁をおびたアコーディオンの音色。すでに30キロ近く走っている。少しくらい休憩したって誰も咎めやしない。
美しく手入れされた、梅林である。色と香りと青い空。偶然に立ち寄って、儲けた気持ちである。ん?アコーディオンの感想ですか? ま、いいじゃないですかnotes

Img_0041 Img_0042

Img_0044 Img_0045

Img_0046 Img_0047
 季節もよくなり、巡拝する人々が増えている。本格的正統な白の装束の身支度で巡拝する人々も数多くみられる。アウトドア用の軽装の僕は、小さくなって隅の方でお参りさせていただいた。
 残りは13箇所である。どれだけ混んでももうすぐ満願成就(^_^)

 常滑から半田に向かう。半田と言えば「新美南吉」の生家で有名である。
走っていたら、新美南吉記念館の標識があった。寄らなければなるまい。
Img_0049 ほら、これ、『手袋を買いに』のモニュメント
Img_0049_3 

「母ちゃん、人間ってちっとも恐かないや」
「どうして?」
「坊、間違えてほんとうのお手々出しちゃったの。でも帽子屋さん、掴まえやしなかったもの。ちゃんとこんないい暖い手袋くれたもの」
と言って手袋のはまった両手をパンパンやって見せました。お母さん狐は、
「まあ!」とあきれましたが、「ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら」とつぶやきました。

Img_0050_3 

 で、狐さんの悪戯なのか、衣浦大橋まできたら後輪がパンクです。weep
空気を入れながら、走りましたが、空気の減るのがどんどん早くなります。
仕方ないから高浜市の市役所に立ち寄り、チューブの交換。もちろん市役所で交換してくれるとは思っていませんし、そういう課は存在しないことも知ってます。ただ修理の場所を借りただけです♪

 手際よくテキパキとパンク修理を済ませ、安城市に向かう。三河安城駅の近くに、こういう種類の自転車をたくさん扱っている自転車屋さんがある。
チューブの予備を確保しておかなければならないからである。チューブの予備をサドルの下のバッグに入れると何故か、とても安心して走行できるのです(^_^)
 ここから、豊田安城自転車道を走り、本日のポタリングは終わった。

本日の走行距離 76㎞

2008年3月 9日 (日)

月ヶ瀬梅渓

Img_0002

 奈良県奈良市の月ヶ瀬に行った。そうです。ここは奈良市なのです。地理的によくわからないが、三重県との県境まで奈良市だとは思ってもいなかった。
豊田市ウォーキング協会の月例会である。もちろん豊田市から歩いてきたわけではない。バスでここまできて、この周囲を歩くのである。たった11㎞なのであるが、起伏が激しくなかなか厳しいコースである。

 月ヶ瀬といえば、広大な梅林である。ココの梅林は見せるための観光梅林ではないようである。栽培用の梅の木畑であるようだ。
しかし、今年は開花が遅れている様子である。ほとんどまだ、つぼみの状態であった。
Img_0006_2  場所によっては、つぼみさえ見られない木も見られる。

 満開になれば、眼下に見える五月川を背景に絶景となることが想像できる。

 梅の畑には、自由に入ることができ、そよ風を受けながら、お弁当をひろげる。
♪おべんと、おべんと、うっれしいなぁ~♪

汗ばむ陽気に、風が心地よい。
 いつものように、外で食べるお弁当はおいしいです。つまり、ダイエットにはならないのでありますwobbly

 一目八景をあとに、月ヶ瀬遊歩道を歩く。途中いたるところに売店があって、心楽しい。
Img_0020
 日当たりによるのか、美しく咲いているところもある。紅梅系の方が少し早いのかもしれない。ピンクっぽくて美しい。
それにしても昨日、豊田市内の平芝公園では満開状態であったことを考えると、ここはやはりずいぶん寒い地域なのだと、実感できる。(今日は暖かいのに・・・)

Img_0021_2

  お茶畑を歩く。月ヶ瀬はお茶の名産地である。売店で「ひげ茶」が売られている。
300g 300円である。茶葉を手もみしたときに残る、茎の部分らしい。茎茶に似ているかもしれない。300g300円が高いのか、安いのかわからないが、どの店も概ねこんな値段で売られていた。試飲すると、とてもおいしい。試飲といえば、お茶の試飲は、月ヶ瀬に限らずどこの店でも美味しい。試飲で美味しくなかったお茶なんて、これまで経験したことがない。家に帰って飲んでみると、「ん?試飲したときってこんな味だっけ?」てなこともたぶんに無いわけではない。が、あまりにも何処の売店でも大量に売られているので、買わないわけにはいかない。
そうです僕も思い切って300g買いましたhappy01

 本日の歩行距離 11㎞(公認)

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »