最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »

2008年1月 5日 (土)

知多巡拝ツーリング

 今日はオートバイである。完全武装の防寒対策である。こんな日でも知多は、バイクの集団がたくさん見られる。そんな趣味の人もたくさんいるんだなぁと思うとなんだか嬉しい。

080103hekinan001 080103hekinan012
 晴れてはいるが、うっすらと雲に覆われている。寒いのは朝の内だけで、お昼ごろは暑いくらいだ。海も穏やかである。

080103hekinan002 080103hekinan003 080103hekinan005 080103hekinan006
080103hekinan009 080103hekinan010 080103hekinan011_2   
 今年は、知多四国霊場開創200年の年である。あちこちでイベントも行われるらしい。でも、そんなの関係ねぇ~ そんなの関係ねぇ~0

080103hekinan007 
本日七ヶ所達成(^_^)

2008年1月 4日 (金)

初巡拝(^_^)

 お正月が終わった。もともと僕にとって単なる連休であったが、さらに一層普通の連休となったのである。天気予報は暑くなる予報である。涼しいうちに出発しなければならない。
朝の冷たい風が気も体も引き締める。

 近頃やけに神社仏閣にはまっているようだ。しかし、決して信仰心が厚くもなければ、信心深いわけでもない。たんなるスポーツの一環として、その達成すべき目的のスポットとして神社仏閣が選ばれているだけのことである。初詣も三回しているわけだが、真の初詣は一回目だけで、あとは「初」ではなく単なる「詣で」である。しかも偶然ポタリング中に通っただけである。
080103hekinan001  今日、大府市の知多四国八十八ヶ所第5番札所「地蔵寺」で話をしてたら「それは、仏様が導いているのですよ」などと言われた。

う~む・・・導いてくれるのもありがたいことだが、宝くじの当選を与えてくれぇ~~っ

080103hekinan002_2    やはり昼ちかくから、どんどん暖かくなり汗がじわじわと噴出してくる。着ている物を脱いでもよいのだが、この自転車では置くところさえ無い。しかたないので風通しをよくしてやり、速度を落として、ゆっくりのんびりポタることにする。
  快適である。まるで春の陽気である(^_^)

080103hekinan003  今回は写真を思いっきり小さく縮小したのでわかりにくいですが、これは境川に架かる古い形の橋である。特に有名スポットではないのであるが、そろそろ壊されそうな雰囲気でしたので、撮っておくのがよいような気がした。親柱には、なんだか灯明が入る仕組みになっているようだ。

 今日で、三日連続ポタっている。足よりもケツが痛くなった。乗り方が悪いのであるが、パワーも落ちてきている。足で踏ん張れなくなっているのである。予定の60㎞に少し距離が不足しているが、家路に向かう。明日はバイクにしよう0

本日の走行距離  43㎞

2008年1月 3日 (木)

豊田安城自転車道

 今日こそは豊田安城自転車道を制覇したい。これまで、どうしても三河安城駅のあたりで見失っていたから、その先へは行ってなかったのである。
しかし、やはり今日もどうやら見失ってしまった。それでも水路らしきところを一生懸命に探した。探しているうちに高浜市内に入ってしまった。「豊田安城」がこんなところに行くはずがない。また今日もだめだったかと、自転車道探索をあきらめる。ここからは本格的ポタリングで目的もなんもない。ただひたすら冬の風を楽しむことにする。

 碧南市に入ってしばらくすると、なにやら人だかりができている。人だかりを見ると「はて、なんだろう」と思わない人はいないはずだ。映画俳優が来ているかもしれない。プロ野球の選手が来ているかも知れない。アイドル歌手かもしれない。あるいは、行列のできるほど美味しい店かもしれないし、大特売のお店かもしれない。いずれにしろ、興味を持たない人などいるはずがない。
 だんだん近ずくと、それは初詣の参拝者であった。どうやら地域的に有名なスポットらしい。毘沙門天と書かれた門がある。この門で鐘を一突きする。なにやら難しい鐘突き装置である。紐を下に引っ張って、あるタイミングでヒョイっと離すのである。なんとか鳴らすことができてホットする。
080103hekinan001
080103hekinan002
 写真にはそれほど混んでないように見える。しかし中はごちゃごちゃに混んでいる。
出店がたくさん入っていることもあり歩きにくい。歩きにくい中で、ふとタイヤキを買ってしまった。焼きたて熱々である。振る舞いお茶でもぐもぐする。んめぇ~\(^o^)/日本の初詣はこうでなくっちゃねぇ~0

 いったん西尾市内に入って、矢作川の堤防に戻る。矢作川の堤防を遡れば豊田に戻るはずである。北風を受けながらガンガン進む。
すでに廃線になった電車道である。赤字路線は全国的な現象なんだなぁ~
080103hekinan004
080103hekinan005

 ふと見ると用水路らしきものが見えるではないか。「ん!もしかして明治用水?」
ありました、ありました「豊田安城自転車道の起点」めっけぇ~39
080103hekinan006
  この道をどんどん行けば、どこで迷子になったかが解明できるはずである。
さすがに「日本のデンマーク」と呼ばれた安城。田園地帯が広がる。
そういえば教科書にそう書いてあったが、今はもう死語なのかもしれない。
あちこちで巨大な工業地帯に変わってしまっている。
 農業より、大企業の駐車場に賃貸した方が苦労もなく現金収入が得られるからなのであろうか。農業生産より「カネ」か。さびしいことです。
080103hekinan007
 さすが「自転車道」 ポタびとが行きかう。
僕は冬の風を楽しみながらのんびり走行であるが、若けぇ~もんは、猛スピードで走り去る。そりゃもう軽く40キロは超えているだろうと思われる。ちょいと真似をしてみるが、すぐ息がきれる。はーー はーー 
 息が切れることより、熱くなって汗をかくのがいやです。寒いときに汗をかくと、風邪をひくことになります。もちろん汗をかきっぱなしで、家についてしまえばいいのですけどね♪
ポタリングは競技ではないので、のんびりマイペースが良い。
 やがてきました分岐点。これまで迷子になった原因個所。これです!
080103hekinan008
 これまでは、写真右を走っていました。
右ではなく、左に行かなければならなかったのです。
左が「豊田安城自転車道」右が「中井筋自転車道」と看板に明確に識別できるように記載されている。
 これを見逃して走っていたのは、どこのどいつだぁ~?・・・わたしだよぉ~

本日の走行距離 64㎞

2008年1月 2日 (水)

初ポタ♪

昨日は、年始まわりにバイクで走った。
さすがに寒い。夕方には冷たい雨になった。

 今日は朝から、透明な青空が広がった。
今年、登山を断念した僕にとって、悔しいが、
遠くに、真っ白な御嶽山、中央アルプス、南アルプス、恵那山がずらりと稜線を描く。

この連休に入って、運動量が激減している。
運動量に反して、カロリーの摂取が絶え間なく継続している。
楽々履けていたジーンズがきつくなっている。
恐ろしくて、体重計に乗れない。
おりしも、世の中はお正月である。
お正月ときたら、初詣である。

このあたりですと、豊川稲荷、熱田神宮などが超有名どころである。
しかし、やはり地元を大切にしなければならない。
初詣は「祈願」であり、決して「観光」ではない。
などと考えながら行き先を、猿投神社とした。

Img_0566
途中の公園
Img_0567
一の鳥居
子供の頃は「いちのとり」だと思っていた
意味は不明だったが、この場所を特定する単語であった。
Img_0568

さすがに、地域の代表的なスポットである。次から次へと来る来訪者の自動車。
その点自転車は好都合である。正面鳥居前のガードレールにロックしていざ参拝0

Img_0569
Img_0570
Img_0571
Img_0572

こうして今年の初詣は無事終えた。ん?何を祈ったか?ですって??
「ひ・み・つ」と申しますか、二礼二拍手一礼を正しくやってると
神様に「何かお願いする」なんてことさえ、忘れてしまいます。
結局ただ単に儀式を行っただけで、祈願はなーーーーしっ!
あとで、「くっちょーーー あんとき宝くじが当たるようにって言っておけばよかった」

学生の頃、「代返」ってのがあった。
携帯のメールが鳴った。「代祈願」の注文である。
その頃すでに猿投神社を離れていた。
そこで、地域の有名初詣スポットの王者「挙母神社」に寄ることにした。
そうです。初詣の「はしご」です。
Img_0573
Img_0574 Img_0575
な・な・な、なんだぁ~ この行列
「行列のできる店」は美味しい。
「行列のできる神社」も美味しいにちがいない。
この行列が絶えるのは、たぶん夜中になるであろうと思われる。
とても、この尻尾に並ぶ気がしない。
脇からそっと、祈りをささげ立ち去ることにする。
また、「宝くじ」の件をお願いするのを忘れてしまったのであった。
それにしても、なんと整然としているではありませんかこの行列。

神社の「はしご」も無事終えて、「豊田安城自転車道」を安城に向かう。
Img_0577
夏に、涼しげに回っていた三連水車も、今は寒々とした風景である。

本日の走行距離  60㎞

« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »