最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 続・ゆずピール | トップページ | 遠望峰山 »

2008年12月 8日 (月)

中山道 御嵩宿

 昭和あるこう会の12月例会「中山道 御嵩宿往来」に参加した。

中山道は、京都三条から、関ヶ原、御嵩宿、中津川、馬籠宿、妻籠宿、などを経て、諏訪、蓼科、軽井沢、高崎、大宮、日本橋までの江戸時代の五街道の一つである。
馬籠や妻籠に比べると、御嵩宿は地味ではあるが、とても風情のあるコースである。

Img_1106_2 名鉄御嵩駅から1分ほど歩くと、願興寺がある。
ここがスタート地点である。ここから、安藤広重が描いた浮世絵のモデルとなった木賃宿までを、往復する11㎞のコースである。
集合場所の願興寺は、500年前に再建されたそのままの天台宗のお寺である。
ドンドンと太鼓が鳴っている。住職さんが僕らのためにお経を読んでくれていたのです。『ま~か~ はんにゃーはらみたぁ~ しんぎょー・・・』「あなたがたは、漏れなく地獄に行きます。敬虔かつ一生懸命お経を読み、少しでも閻魔様にやさしくしてもらいましょう」などと愉快なありがたい説法をしていただいた。
このお寺には、なんと国宝の仏像が24体もあるとのことです。

Img_1108
往時を偲ぶ、竹矢来の街並みを歩き
やがて、和泉式部の廟所を通る。
Img_1110
「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな」
小倉百人一首の歌人である。

Img_1113 Img_1116
「牛の鼻欠け坂」の急な坂道を登る。すっぽり落ち葉に埋もれた道は、マイナスイオンがいっぱいで静けささえ感じる。石畳も落ち葉に覆われている。

Img_1121 Img_1122
これが、安藤広重が描いた、木賃宿である。当時はたいへんな賑わいです。
今は、ひっそり廃屋となっています。
馬籠や妻籠なら、きっと、手入れしたであろうことが想像できます。

Img_1127
なんでだろう、聖母マリア像です。
ここらへんは、キリシタン信者がいたらしい。
迫害されても、このあたりなら安全だったのでしょうね。

ここでお弁当にして、御嵩駅まで帰るのである。
前日、この地域は雪が降ったそうだ。
気温は冷たいが、陽射しがポカポカで、絶好のウォーク日和であったhappy01

« 続・ゆずピール | トップページ | 遠望峰山 »

コメント

ヾ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪  遠さん
中仙道 ってどの辺りやろか?岐阜??今回は名古屋ですか? o(〃'▽'〃)oあははっ お説教は良いねぇ 一度聞きたいものですが中々そぅ言う場所に出会えないわ。閻魔様に袖の下でも持って行こうかなぁ。。受け取らないやろか?だけ今だかつて閻魔さまに会ったと聞いた事あれへんよぉ~~bleah舌を抜かれたとも。
のどかな風景を垣間見れるけど、 あの一首の意味は?
この頃は11kmは何て事あれへんみたいね~ 良い事やわ。それ以上スリムにならんとって・・どんなやねん??

そうかぁ~ そう言われてみると、中山道は愛知県を通ってないね。
京都、滋賀県から岐阜、長野、群馬、埼玉、江戸なんだなぁ~
和泉式部さんは、平安時代のプレイガールですな。尻軽女!
そういうところから、意味はやはり恋わずらいってとこか。
「もう死んじゃうんだから、あの世への思い出に、せめてもう一度だけ、逢いたいなぁ~~ 」
あるいは、ココ御嵩で病に冒され、病床についたとき「もうだめだわ、せめて・・・・」てなことか。
とことこさん こんばんわ♪
なかなか、痩せません。
食っちゃうんだなぁ~ 間食も
残せないしね、育ちが育ちだから、ご飯を残せないのです。
あと、3キロくらい痩せたいなぁ~

遠さん、こんばんは♪
「昭和あるこう会」聞きなれない会ですがぁ~^^;
いろんな会に入会してるんですね!
御嵩駅は岐阜県ですか!現地集合でしょうか!
でも遠くに行けて気分転換になってよかったですね(^^)/

すべて、現地集合であります。
岐阜だろうと、福井だろうと、鎌倉だろうと、洞爺湖だろうと、すべてウォーキングは現地集合となっております。
気分転換にはなりますが、なかなかスリムになりませんweep
ルビー♪さん こんばんわhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・ゆずピール | トップページ | 遠望峰山 »