最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »

2007年12月24日 (月)

ポタ納め♪

 昨日のことである。
朝、降っていた雨が、いつの間にかやんでいた。
空をみあげると、澄んだ青空と白い雲。
しばらくオートバイに乗っていない。
バッテリーのためにも走ってやらねばならない。
年末の片付け作業を中断し、いざいざ出発っ!

 岐阜県方面、旧小原村から昭和村、中津川。
中津川から串原村を通って一回り。
はやる心で、カメラを忘れたため、ただひたすら走るのみ。

 で、今日のことである。
昨日できなかった年末の片付け作業をしていた。
すると「ほら、外はこんなにいい天気だよ」と妻。
我慢の糸がプッツン♪
いざいざ出発~つ(^_^) と、知多四国八十八ヶ所巡拝。

 ルイガノ君で東海道を大高に向かう。
透明な青空。
遠くにすっかり雪化粧の南アルプス、中央アルプス、御嶽山などの山々がくっきりと稜線を描いている。
風が強い。
西風で名古屋に向かうにはまったくアゲンストの風である。
ギヤを落としても15キロ程度しかでない。
風は冷たいのに、全身汗ばんでくる。
汗をかくと、休憩などで冷たく、風邪をひくかもしれないので、ゆっくり走る。

Img_0544

 優雅に上洛をめざす今川さんは、この道を駕篭で通ったはずだ。
当時ルイガノがあったら、歴史は変わっていたはずだ。
などと、昔を偲びながら桶狭間古戦場跡。
家康さんは、ここから大高へと引き上げたはずだ。

 家康さんの逃げる姿を偲びながら、さらに東海道を西へ進む。
Img_0549
Img_0551_2
有松絞りの街である。
「絞り染め」には興味が無いが、街並みはたいへん風情がある。
暖簾なども、有松絞りである。
Img_0553_2
Img_0555
Img_0556

 やがて、鳴海に入ると12時をとっくに過ぎている。
向かい風は格別カロリーの消費量が多く、空腹を感じる。
こんな店の前を通る。
Img_0557
もう我慢ができない。
大きいかき揚げを一個とり、うどんを注文し、お勘定。
「二百円になりま~す」
ん?なんですと?たったの200円?
そうです消費税込み正真正銘賞味200円の「かき揚げの乗ったうどん」である。もちろん「天ぷらうどん」と呼んでも誰からも苦情はでるまい。写真を撮るのも忘れてズルズルと食べてしまった。本格的一流うどん屋に決して引けをとっていない味だ。満腹満足0

 大高はすぐそこだ。
腹ごしらえして、すぐの参拝はいかがなものか、と思わなくもない。
しかし、じゃ、どこがいけないの?と問われても確かなものでもなさそうである。
ちゃんと奉納経にハンコも押してくれたではないか(^O^)
Img_0558

 帰りは当然東に向かうことになり、トーゼン追い風である。
舟に帆を張るように、体を大きく立てて風を受けて走る。
来る時は、15キロだった速度は、30キロを楽に超えている。
最高速度は43キロである。
なんと1時間そこそこで家に到着してしまった。

 もしかしたら、これが本年度最後のポタリングであり、ツーリングであるかもしれない。感謝を込めて、ワックス掛けでピカピカにしてやった0_2

本日走行距離 53㎞

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »