最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 岡崎自然の森散策 | トップページ | 八ヶ岳の年越し »

2005年12月 4日 (日)

雪の禿岳

中央アルプスの、南端に位置する「摺古木山」に向かう。
近頃、高速道路網が極めて便利になってしまったため、ついつい高速道路を利用してしまう。
中津川ICを降りて、国道19号線を木曽川沿いに走る。木曽川のゴロゴロとした石と清流が美しい。
気温の表示を見ると、1℃となっている。ここで1℃なら、山頂は確実に氷点下である。
運転しながら、自分の意識のスイッチを冬山モードに切り替える。
冬山モードの切り替え作業をしていたら、コンビニに寄ることを忘れてしまった。
この付近、驚くべくコンビニが少ない。妻籠宿の入り口を通り過ぎ、北へ北へとコンビニ探しの旅にでる。
20分ほど走って、「十二兼」を過ぎたところに、ローカルなコンビニをやっと見つけることができた。
ここから、再び妻籠宿の入り口に戻る。40分ほどの時間損失である。妻籠宿から大平峠に向かうが、様子が変!どうやら、大平峠に向かう左折位置を間違えたようである。Uターン!ここでまた時間の損失。
山々はすっかり雪化粧で、寒々とした景色である。空は暗く怪しい雲に覆われている。「雪が降るかもしれん」
峠に近づくにつれ、道路の積雪も深くなる。ついにタイヤはツルツルと回転するのみとなってしまった。051203hageyama13  愛車ナディアは「すんめへん、僕にはこれ以上無理です」と語りかけている。
「そっか、じゃ、タイヤチェーンをつけてやるかんな。待っとれよ」と、タイヤチェーン装着作業をする。ここでまた時間のロス。
「この雪と、この時間からでは摺古木山はダメだな」と断念。

ふと、看板を見ると「丌岳登山口」と書いてある。ハゲ岳とフリガナがうってある。「禿げた毛かぁ〜・・・」 「今日はココにしておこう」と歩き始める。
今シーズン初の、雪中歩行である。つい先日まで、錦織り成すカラフルな山々が、一変してモノクロの世界である。

051203hageyama02 051203hageyama03 051203hageyama04 051203hageyama05 051203hageyama06
雪は降り続いているが、それほどでもない。危険な箇所も全くなく、なんなく山頂に到着。山頂には「禿岳」と表示されている。

051203hageyama10 051203hageyama11 051203hageyama08 051203hageyama11  051203hageyama12
さすがに寒い。凍りついた木々の他に景色は無い。
丁度、お昼である。妻が持たせてくれたおむすび(昆布とあさりしぐれ)二個を、テルモスに入れた熱いお茶で食べる。うめぇ〜\(^o^)/
下山すると、道路はさらに雪が深くなっていた。
峠から少し下ると、茶屋がある。峠の茶屋である。まるで時代劇の風情である。中は隙間風で寒いが、ストーブがありがたい。ここから、御岳・乗鞍岳・穂高連峰がみえる。

051203hageyama14 051203hageyama16 051203hageyama15
熱い甘酒をいただく。つまみは、「ずいき」の漬物である。シャリシャリとしてうまい♪ここで南木曽温泉の割引券をゲット(^-^)ニコッ!
時計を見ると、まだ2時前である。ここまで来たのだから、ついでに大平宿に行ってみよう。
人っ子ひとりいない。怖いくらい静かである。江戸時代にタイムスリップしたような不思議な雰囲気である。

051203hageyama17 051203hageyama18051203hageyama19 051203hageyama20 051203hageyama21
「おさむれぇさん、お泊りなすって」と聴こえてくるようである。
妻籠宿や馬篭宿は、観光地として栄えている。ここも、観光地にならなくとも、保存だけはしてほしいものである。
猿の集団に出会うが、睨みつけているので、写真は無い。猿の集団に別れを告げ、割引券を使用するために温泉に向かう。
冬の露天風呂は、風情がある。のんびりとした、至福の一日であった。

« 岡崎自然の森散策 | トップページ | 八ヶ岳の年越し »

コメント

凄いな~…禿岳かぁ"ヘ( ̄ー|
私が行ったこともなくて、この先も行くことのない秘境が、日本にはい~っぱいあるんだな~( ´ー`)
遠くんの写真を見て文章に案内されて、行った気持ちにさせていただいています!
有難う(=´ー`)ノ

見てるだけで身体は冷えてきそうな雪山・
子供の頃は雪で遊ぶの何とも無かったのに
いつも良い所にお出掛けやね~σ(^^ )も行く事も出来ない場所をこうして居ながらにして楽しめるんです 遠さん ありがとう
続きは又暇を見つけて読ませて貰いま~す

はっぱさん こんばんわ♪
読んでくれてありがとう(^-^)ニコッ!
こんなことして、あちこちさ迷い歩いています。
春夏秋冬いつでも、それなりに楽しんでいます。気まぐれブログですがよろしくです♪

すみれっち
こんばんわ♪
雪は、やはり童心にかえります。
今年はスノーシューで遊んでみようかと、密かに企んでいます。
ココも開設して丁度一年くらいです。
過去のものも、覗いてみてくれるとと~ても嬉しいです\(^o^)/

いいねえ・・
こんな景色を見るためには汗かいて歩かなきゃだめだよね?
「はい、着きましたよ」って・・で眠りから目が覚めたらこの景色だったら・・うれしいけどねぇぇ(-ι- ) クックック
こたつに入って窓からこんな景色が見れたら最高かも(^.^)

あはは♪
窓ゆきさん
いきなり雪景色じゃ、風邪ひくだけだ
やっぱ、よっこらせっと歩かなくっちゃね
さっぶいぜぇ~(⌒ー⌒)

雪国にどっぶり浸からせて貰いました。
樹氷綺麗ですね。
モノトーンの世界一人登山するのは、やっぱり遠さん山男ですね。

甘酒に、温泉。これが冷えた体に一番だったことでしょう。

anikobeさん
こんばんわ~♪
こんな寒いところに、誘ってもだーれもついてきませんよっ(^-^)ニコッ!
今日はこちらも、雪が降りました。
明日の朝は、もしかして銀世界かもしれません。
下山してから、飲んだり食ったり。登山はダイエットには効果がありませんね(^-^)ニコッ!

今年は雪の季節が早くやってきましたね
「禿岳」の雪景色がこちらでも見る事ができ・・・。
心の準備が出来ないまま真冬に突入ですね
最近は写真のHPのハシゴしては楽しんでいます。
行き当たりばったりではなく、撮りたい物を
計画をたてて撮りに行こうと思います。
又、素敵な写真楽しみに刺激を受けに来ますね
今年の雪山はきびしいよ!
雪女に息を吹きかけられないように・・・。(爆)
ホカロンいっぱい抱いて寂しい雪道楽しんでね


ルビー♪さん こんばんわ
いやはや、またまた凄い雪です。
すっかり、雪国になってしまいましたね。
明日は、家でじっとしてるしかなさそうです。
写真すっげ、上達しましたね。
少し上達しては、挫折。
また立ち直って、上達して、また挫折。
これの繰り返しのようですよ♪
この3連休は、どちらかお出かけですか♪

お、お♪えらいねぇ!
ちゃんと見てるねぇ(^m^)ウププッ!
ココは隠れ家のように、更新しないと
誰もこないかな~なんて思ってたわ!
そうそう挫折の繰り返しよね!
素敵な写真が心に残り・・。
同じように出来ない自分がむなしくて!
でも、皆さんも時間をかけてココまで
来てるんだと思います。
メリークリスマス♪・・チキン&シャンパンで乾杯して
ケーキたべて・・・心の残る写真など撮れれば幸せよ♪
遠さん 生クリームたっぷりのケーキ食べて素敵な
イブの夜を楽しんでくださいね


ルビーさん
めりくりぃ~(⌒ー⌒)
ケーキ食べました
不二家のイチゴの乗ったやつです♪
そうですね ココ更新さっぱりですね。
まっ!のんびりやりますです(^-^)ニコッ!

トナカイがやってきて、大阪からコメントを運んでくれるようです。
やっぱり、クリスマスイブですね。

メリークリスマス!

anikobeさん
こんばんわ♪
明日、仕事納め
スノーシューの準備OK
雪の中で、カウントダウンになりそうです♪
晴れろぉ~~\(^o^)/

雪の中で、素敵なカウントダウン。
どこの山かしら。

奈良から、「ヤッホ~~」

いいお正月は後4時間ほどですね。

MIDI聴きながら、カウントダウンしま~~す。

゚・:*:・。♪☆彡^・∋★A Happy New Year★∈・^ミ☆♪。・:*:・゚おめでとうございます。

雪山、快晴ですか。
こちら、雲ひとつありません。
穏やかな年明けです。

スキー場で迎えたお正月が懐かしく甦ります。
若い頃のお話でした。

anikobeさん
新年おめでとうございます。
今年も、氷点下18度、満天の星空と雪の中で年を越すことができました(^-^)ニコッ!
本年もよろしくお願いいたします。

おひさしぶり
おはようございます

スノーシューのツアー。
行かれましたか。

カメラをやってる、旭川のまりあ山河、撮影には、スキーがいいか、スノーシューにしようかと、前にコメントを頂いています。

遠さん、経験なさって如何でしたか。

http://blog.goo.ne.jp/3sen6gou/

お時間のある時、お話してあげていただければ有難いです。

あれぇ~~~(~_~;)
anikobeさん、こんばんわ♪
めちゃ遅いレスでごめんなさい。
えっと、スノーシューは便利だと思います。
爪がついてて、滑らないからグッと構えるには最適かと思われます。
それに、とても軽量ですので、取り扱いに便利(^-^)ニコッ!
って、あーー anikobeさんじゃないのですね。
anikobeさんは、すでに経験してるからわかりますよね(^-^)ニコッ!
旭川さんですね。はいはい♪
ちょいと 覗いてきますね(⌒ー⌒)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66324/7461252

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の禿岳:

« 岡崎自然の森散策 | トップページ | 八ヶ岳の年越し »