最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 冬のスマタⅡ | トップページ | 冬のスマタ完結編 »

2005年2月 5日 (土)

冬のスマタⅢ

30分ほど、くねくねと登るとやがて秘境の温泉に到着する。
小雨は降り続いている。
バスを降りると、目の前が今夜お世話になる、ホテルである。
豪華なホテルである。
IMG_2232
IMG_2229

チェックインを済ませ、遅くなった昼食に出かける。
上り坂を少し歩くと、食堂らしき暖簾を見つけた。
IMG_2180
ここが、かって金嬉老事件のあった「ふじみ屋」であることが入ってからわかった。
「ふじみ屋旅館」はこの店の裏側に繋がっているようだ。
豆炭の囲炉裏に座る。
ディナーのことも考え、軽く蕎麦を注文する。
すると「ここはこんにゃくがおいしいですよ」と先客に薦められた。
言われて見れば、壁に「おでん」と書いたメニューが貼ってある。
薦められるままに、「おでん」も注文する。
IMG_2179
それにしてもこの囲炉裏の付近には、テーブルも何も無い。
いったいどうやって蕎麦を食べるのだろうか。
どんぶりを持ちっ放しにするのであろうか。
腕が疲れたらいったいどうすればいいのか。
不安がよぎるが、恐れることはない。
なんとかなるであろう。などと考えながら悠久の時を過ごす。
やがて蕎麦が到着する。
やはり囲炉裏にはルールが無く、テキトーに何処にでも置けばよいことが説明された。
「うまいっ!」なんと美味しいではないか。
これは冷静に考えて、空腹のせいではない。
明白に「美味」なのだ。正直言って、僕には蕎麦の味はわからない。
どうしてもつゆの味しか脳に伝わってこない。
一般に蕎麦の「喉越し」とか、「香り」だとか、「腰」とか言われているが、まったく実感がない。
この蕎麦についても同じである。しかし美味しいのだ!!

蕎麦に続いて「おでん」が到着。
これも驚くべき美味い。
どのように美味しいかと言われても困る。
なんと申しますか、歯ざわりと申しますか、サクサク感と申しますか、こんにゃくの自然な味と申しますか。
テレビ番組の食べ歩きのような感想はできませんが、なんとも美味しい♪。
注文の決断は正しかった。さらに当然ではあるが、お茶もうまい。
「川根茶」これは是非購入して帰らなければならないと、心に誓う。「うまいうまい」といいながらペロリと完食!
夕飯までに、完全なる消化をさせなければならない。
小雨の中を憧れの「夢の吊橋」に向かう。
普通に歩いておよそ1時間半程度である。
一般車両通行止めの舗装道路をテクテク歩く。
満腹で余裕の歩行である。
下の方をみるとエメラルドグリーンの寸又川の流れが美しい。
IMG_2187

少し歩くと、トンネルがある。
IMG_2183
トンネルの名前らしいが、読みにくい♪どうみても「のンネノ」である。
これをくぐり、さらに少し行くと、遥か下のほうに吊橋が見える。
IMG_2209
ためらうこともなく、吊橋に向かって下る。
歩きやすい吊橋である。恐怖心も無い。
よほどの高所恐怖症で無い限りなんなく歩けるように整備されている。
真近に観る水面もエメラルドグリーンで感動する。
ことさらに女性は「わぁ~ きれーーーー」と金属音で自然に表現する。
吊橋を渡ると、今下った分登らなければならない。
急峻ではあるが、階段が整備されている。
途中見え隠れする「エメラルドグリーン」が荒くなった息遣いを癒してくれる。
舗装道路まで登ると「やれやれ到着だ」とほっとする。
飛龍橋に向かってのんびり歩く。
飛龍橋はこの深い峡谷に架かっている、道路橋である。
ここからの景色も美しい。谷底には残雪が見られる。
夢の吊橋を再びはるか下の方に観ながら、後ろ髪引かれつつ、温泉街に戻る。

                             続く (かもしれない)

« 冬のスマタⅡ | トップページ | 冬のスマタ完結編 »

コメント

あっ
今日は更新。
秘境の温泉”遠”ツアーにPC参加。
なんて、お蕎麦にコンニャク。ここからでは、味わえないのがすこぶる残念。しかし、美味しさだけはしっかり伝わってきました。
寸又境っていい所ですね。川の色綺麗な緑色の深い川は、見ますが。エメラルドグリーンの川美しいですね。
伊豆の踊り子の一場面のようなトンネル。
囲炉裏のある風景など、昔にタイムスリップしたような気分ですね。
そこがローカルなよさでしょう。

金嬉老事件は、微かに覚えていますが、こんな山奥の平和なところだったのですね。

トンネルの女性は奥様でしょうか。

さらに続編期待しています。

(〃⌒―⌒〃)☆こんにちわぁ~♪
寸又峡 一度行ってみたい所です(*^▽^*)
なんと・・風情のあるいいところ・・とお写真から伝わってきますヾ(*゜▽ ゜*)〃!!

それにしても・(*¬_¬) ジーーーッ・・・・・・・(蕎麦)・ここに行ったら・・
おそばとおでん たべたいっ~~(笑)
続けてねっ~
ぺこ <(_ _)>でした。。。o(*^▽^*)o~ニコニコ♪

toshiさん こんばんわ♪
ほんと、ここはお客さんに対して人情あふれる接待をしていただけます。どこに行っても、とても親切です。
先客さんは、レピーターのようです。時々来るそうです。かならずふじみ屋さんに立ち寄るそうです。お店の人と顔なじみになっていたようです。いやぁ~ ほーーんと旅情あふれるレトロな旅はいいですねぇ~~
(⌒ー⌒)

pekoさん こんばんわ♪
今がチャンス。お得な激安破格旅行です。
たぶん次回は「美人の湯」です。
この湯につかれば、誰でも確実に「美人」になれます。たぶん必ず・・・ほぼ確実に・・・まそこそこ・・・ 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66324/2811902

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のスマタⅢ:

« 冬のスマタⅡ | トップページ | 冬のスマタ完結編 »