最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 竹と椿 | トップページ | 月 »

2005年1月23日 (日)

猿投山

IMG_2066
この日朝起きて、すぐ散歩に出かけた。家の周辺から近くの川沿いに10キロのコースである。
そこからは、御岳、中央アルプス、南アルプスの山々が見える。透明な空気に美しく見えた。家に帰って朝食を済ませ、ボーっとしていたら、なんだか山を歩いてみたくなった。
久しぶりである。1月3日以来のことである。このときは生憎カメラを忘れた。今回は忘れずにカメラをぶら下げて歩いた。なんでもない里山である。写真に収めるほどの景観は無い。しかし里山ならではの雰囲気が撮れればと期待してのことである。低山ではあるが、さすがにこの季節。山頂付近は薄っすらと雪に覆われていた。
IMG_2079
前回来た時に咲いていた竹やぶの椿は終わっていたが、まだまだ椿は咲いている。彩のない冬の里山では、ひときわ華麗に目を楽しませてくれる。できればもっと雪があればとも思うが、ここでは望むべくもない。
img_2067山頂からの景色である。この山頂では木々に覆われていいるため景色は乏しい。そんな中で雄大に鎮座している御嶽山が美しい。写真では解りづらいが、中央の冠雪した山が御岳山である。御岳山の左側には美濃の山々、御在所などの鈴鹿の山々を観ることができる。ここで昼食を摂ることが習慣となっている。寒風吹きすさぶ中で日清のカレーヌードルと、サークルKで購入したあさり時雨のおむすびを食べる。身体は温まるが束の間のことである。さっさと片付け下山する。ここからが今回のテーマである滝めぐりである。滝めぐりについてはまた次回報告する予定です。
IMG_2110

赤い実のマンリョウのはずですが、赤くなるのはどの季節でしたっけ????

« 竹と椿 | トップページ | 月 »

コメント

お久しぶりです
毎日来ては「アラッ、変わってないわ」と・・・
いつの間にか遠のいていましたが、今日久しぶりに来ました。
沢山ある!!これから拝読始めます。

里山をゆっくり拝読しました。
そこから遥か彼方の冠雪した山が御岳なんですね。
この間行って、toshiの所からは、ずいぶん遠かったけど、お近くなんだなぁと。妙に感心しています。
万両なのでしょうか。今頃は、赤い実が付いているはずですね。
千両は葉の上に実が沢山付いてるし、万両は実は千両より少なくて、葉の下に付いていますね。
黄色い千両はよく見かけますが、それとも違うみたい。
toshi &anikobe混線してごめんなさい。

自宅の近くから、南、中央アルプス、恵那山、御岳を遠くに見ることができます。
遠景であればあるほど、近くに行ってみたくなる衝動にかられます。
toshiさんも、御岳山麓に行かれたのですね。写真見ましたよ(^○^)

この部屋から、紀伊の山並みや奥吉野の山が見えるように、日本アルプスが見える位置にあるのですね。山と言ってもスケールが違いますよね。
登山はしないけど、見える場所に凄く魅力を感じます。
山男の哲哉さんは、登りたい気持ちになるのと、どこか似ています。
昨夜、真夜中のプロジェクトX,山岳救助隊、涙を流してみていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66324/2670950

この記事へのトラックバック一覧です: 猿投山:

« 竹と椿 | トップページ | 月 »